食べ物

バレンタインの由来って?2月14日にチョコレートを贈るのはなぜ?

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

2月14日はバレンタインデーとして、日本では多くの女性の方が好きな人・愛する人・友人のためにチョコレートを用意します。このチョコレートを贈るのは日本独自の文化ということをご存知でしょうか。

毎年巡ってくるバレンタインは、なぜ2月14日なのか?なぜチョコレートを渡すのか?とても気になりますよね。この記事では、そんなバレンタインの気になる由来や、なぜチョコなのか見ていきたいと思います。

ぜひ、お子さんなどに話してみてください。他にもこんな記事を書いています。↓

バレンタインはなぜ2月14日?由来について

ワン太郎
ワン太郎
なんでバレンタインは2月14日なの?

まずは、バレンタインがなぜ2月14日なのかを見ていきましょう!バレンタインの歴史は、バレンタインの発祥の地である3世紀ごろのローマ帝国に遡ります。



当時のローマでは2月14日というのは、家庭と結婚の神であるユーノーの祝日でした。そして、その翌日の2月15日には豊年を祈願するというルペリカリア祭という祭りが催されていました。

このルペリカリア祭の前日に男女が札を引くような形で、ルペリカリア祭で一緒に過ごすパートナーとなる男女を決めていたそうです。そして、一緒に過ごした男女は、そのまま恋に落ちて結婚するということが多かったようです。

しかし、当時のローマ皇帝は、『愛するものが故郷にいる男性は、戦の際に命を捧げるということを拒んで士気が下がるのではないか』と考えました。その結果、いうまでもなくローマでは婚姻を禁止にしてしまいます。



婚姻を禁止にされてしまい嘆く兵士たちのためにキリスト教の司祭であるヴァレンティヌス(バレンタイン)が立ち上がります。ヴァレンティヌスは、兵士たちを哀れんで皇帝には内緒で、結婚をさせていきました。

しかし、皇帝の耳に入らないわけもなく、ヴァレンティヌスは処刑されてしまいます。この処刑された日は、ユーノーの祝日であり、ルペリカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれたそうです。



この一連の出来事がきっかけで、2月14日は恋人の日のバレンタインデーとなりました。

バレンタインはなぜ2月14日?由来についてまとめ

上の文が少し長くなってしまいましたので、まとめますとバレンタインは

  • 2月14日はヴァレンティヌス(バレンタイン)が処刑された日
  • 『ルペリカリア祭』前日のカップル誕生のためのきっかけとなった日

これらが由来となっていることになります。

由来から見てもバレンタインは告白や恋人と一緒に過ごすにふさわしい恋人の日ですね!

なぜチョコレートを渡すようになったのか

バレンタインは恋人の日というのは分かりましたが、なぜチョコレート贈るのか疑問が出て来ますよね。次はこちらを見ていきましょう。



まず最初に、神戸モロゾフ製菓や森永製菓、ソニープラザなどが『バレンタインにはチョコレート』などと販売を推進していきました。その当時はどれもうまくはいかなかったようですが、これらが日本でチョコレートがバレンタインで渡されるきっかけとなりました。

しかし、高度経済成長が終わった1970年代前半頃になると、なんとなんとチョコレートの売上が急増しはじめます。小売業界が積極的にマーケティングをしていたこともあり、最初に小学校高学年〜高校生へと浸透していき、次いで主婦層の間にも広がっていきました。



これを見て分かります通り、日本のバレンタインにチョコレートが浸透したのは、割と最近のことになります。

海外のバレンタインはどうなってる?

将軍
将軍
次は海外のバレンタインを見ていきましょう!

日本ではチョコレートを贈るという文化になりましたが、海外はどのようになっているか気になりますよね。



海外でもチョコレートを贈ったりすることもありますが、チョコレートと決まっているわけでもなく、ラブレターや花束、お菓子などを贈ることの方が多いようです。日本ではチョコレートが主役ですが、海外では贈ることはあっても主役ということではないようです。

また、日本では女性から男性へ贈るバレンタインも海外では異なり、お世話になった人や恋人に男女関係なく贈るのが特徴的です。これは、『バレンタインには女性から男性へチョコレートを贈りましょう』というキャンペーンと、デパートで買い物をするのは圧倒的に女性が多い、当時の日本に関係していて、デパートの戦略の一つだったのではないかとされています。

まとめ

バレンタインの由来やなぜチョコレートなのかについて見ていきました。普段何気なく過ごしている特別な日も、調べてみると様々な歴史・背景があります。

気になったことはすぐに調べて、見聞を広めていきたいですね。