豆知識・雑学

バターとマーガリンの違いとは!カロリーや健康的なのはどっちなのか

将軍
将軍
こんにちは!将軍と言います!

パンを食べる際に風味付け・味付けとして様々なものがありますが、その中でバターマーガリンがあります。

健康などを気にして使い分けているという方も多いと思いますが、この2つのバターとマーガリンの違いを説明するのは難しいですよね。

この記事では、そんなバターとマーガリンの違いや健康にはどちらが良いのかをまとめています。

バターとマーガリンの違い

まずはバターとマーガリンの違いについてざっと見ていきましょう。主な違いはその原材料にあります。

バターは牛乳に含まれている乳脂肪を練って固めたもので、乳脂肪分が80%以上で出来ているものです。いわゆる動物性脂肪でできているものです。

一方でマーガリンはと言いますと、コーン油やオリーブ油などの原料が牛乳以外のものを、乳化剤を添加して冷やし固めたもので、油脂含有率が80%以上で出来ているものです。マーガリンは、バターとは異なり植物性脂肪でできています。

  • バター→乳脂肪分が80%以上でできているもの(動物性脂肪)
  • マーガリン→油脂含有率が80%以上でできているもの(植物性脂肪)

少しややこしいですが、バターとマーガリンの違いは動物性か植物性かその原材料、風味やコクの違いにあります。

次の段落でも少し掘り下げてみていきたいと思います。

バターの特徴

『バター』は、牛乳から分離した乳脂肪を練って固めたものです。

現在日本で販売されているバターは食品衛生法に基づく厚生省令『乳及び乳製品の成分規格等に関する省令』において乳脂肪分が80.0%以上・水分17.0%以下と定められています。

バターは香りやコクがあるので、料理やお菓子を作る際に重宝されています。お菓子作りだと必ずと言っていいほどバターを使用しますよね。

また、バターにはいくつか種類があり、私たちが使っている一般的な非発酵バター以外に、乳酸菌で発酵させた発酵バター、食塩を加えた有塩バター、食塩を加えない無塩バターなどがあります。



他にもバターの特徴を下にまとめてみました。

  • 良質な乳脂肪とビタミンAが豊富に含まれている
  • 幼児や高齢者の方も安心して利用できる
  • バターの方がマーガリンより高価
  • 動物性脂肪のためコレステロール値が上がりやすい
  • 酸化しやすい

マーガリンの特徴

『マーガリン』は、コーン油やオリーブ油、大豆油、なたね油などに乳化剤を添加して冷やし固めたものです。もともと、バターが不足した際の代替品でマーガリンが開発されました。

こちらも日本ではJAS(日本農林規格)において定められており、油脂含有率が80%以上と定められています。

ただ、同じマーガリンでもこちらも種類があり、油脂含有率が80%以上は『マーガリン』、油脂含有率が75%以上80%未満は『調整マーガリン』、油脂含有率が75%未満は『ファットスプレッド』と言います。

油脂含有率によって、名称が変わっているのは驚きですよね。現在はファットスプレッドが主流で、マーガリンだと思って使っているものが実はファストブレッドだったりするので、家にあるものを確認してみてくださいね。



こちらも他にもあるマーガリンの特徴を下にまとめてみました。

  • バターに比べて口当たりが良い
  • マーガリンの方がバターより安価
  • ナポレオン3世が当時、不足していたバターの代替品を募集し開発された

マーガリンのトランス脂肪酸

マーガリンは植物性ということで健康にも良さそうですが、製造する過程でトランス脂肪酸という成分が多く生成されます。このトランス脂肪酸が肝で、日本では特に規制はされていませんが、アメリカなどでは規制されています。

  • トランス脂肪酸とは→パンやお菓子、マーガリンなどに含まれる脂肪酸のこと。体内に蓄積されると、生活習慣病のリスクを高めてしまう恐れがあります。

トランス脂肪酸に関しては一時期話題になっていましたよね。

このトランス脂肪酸を多量に摂取するとガン、喘息、心疾患などを引き起こす原因になってしまいます。また、マーガリンは長く保存が利きますが、それだけ添加物が大量に含まれているというわけになります。ちょっと怖いですね。

両者のカロリーの違い

植物性なのでマーガリンの方がカロリーは低めだと思われがちですが、どちらも脂肪分は80%以上なので、脂肪分の量が同じであれば、カロリーはほとんど変わりません。

同じマーガリンでも油脂含有率がある程度低い『ファットスプレッド』や『調整マーガリン』などがあるので、上手に使っていきたいですね。

まとめ

バターとマーガリンの違いについて見ていきました。両者にはもちろん味やコクなどに違いがありますが、他にも厳格な違いがありありました。

〜バターとマーガリンの違い〜
  • バター→乳脂肪分が80%以上でできているもの(動物性脂肪)
  • マーガリン→油脂含有率が80%以上でできているもの(植物性脂肪)

トランス脂肪酸だけを見れば、マーガリンは避けられがちですが、バターにせよマーガリンにせよどちらもカロリーが高いので、大量に摂取するのは控えましょう。

バターとマーガリン、2つを上手に使っていきたいですね。