豆知識・雑学

成人の日はなぜ1月の第2月曜日?気になる意味や由来まとめ

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

気がつくとあっという間に成人の日になっています。日本の国民の祝日である成人の日は、成人になったことを祝い励ます行事、一生に一度の晴れ舞台ですが、なぜみんなで集まってこのような行事をするのか気になりますよね。

また、1月の第2月曜日が成人の日であるのも気になるところです。こう考えると世の中本当に気になることだらけです。

この記事では、そんな成人の日の気になる意味や由来についてまとめてみました。

成人の日って?

成人の日は、1948年に1月15日は、おとなになったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い励ます日を趣旨のもと制定されました。

この成人の日は元々は1月15日に制定されていましたが、2000年からはハッピーマンデーという制度の導入に伴い1月の第2月曜日に変更となりました。

日付は1月8日から14日の中のいずれかになり、1月15日にはならないようになっています。

〜ハッピーマンデー制度とは〜
  • 一部の国民の祝日である日を月曜日に変更させ、土曜日・日曜日・月曜日合わせて3連休として、余暇を過ごしてもらおうという趣旨で制定された制度のことです。

そして、2019年の成人の日は1月14日の月曜日となっています。

なぜ1月15日に制定されていたのか

成人の日が、なぜなぜ1月15日に制定されていたのかと言いますと小正月(こしょうがつ)という1月15日に行われていた元服の儀が由来とされています。

この元服の儀は小正月(1月15日)に行われた、奈良時代から始まった日本で成人を示すものとして行われた通過儀礼です。男性は数え年で12〜16歳の時に社の前で大人の服に改めて、さらに子どもの髪型を改めて髪を結い、冠を頭につけて周囲に成人したことを知らせていたそうです。



女性の場合は、男性とは違い年齢が10代前半の際に行い、髪をあげて、お歯黒をつけて、衣服を大人のものに変えるというものでした。

成人式は何をする?

成人式は、各地方公共団体ごとに開かれ、満20歳を迎えた男女のために記念式典や祝賀会が開催されます。開催場所では主に区市長のスピーチを聴くだけになりますが、ほとんどは友達との再会や会話、その後の二次会や、三次会などがメインになっていると思います。

開催される日付は日曜日(成人の日の前日)になることが多いですが、成人の日に行う地域もあります。



成人式の招待状は現住所、住民票がある役所から届きます。地域によって差はあると思いますが、10月~12月のあたりで招待状が届くようになっています。当日はこの招待状を持参して、成人式に参加します。また、参加しなくても問題はありません。

近年では浪人生の増加や、単純にいきたくない、面倒臭い、忙しいなどの様々な理由で成人式に参加しない若者が多くなっています。

成人式のルーツ

元服の儀が今日の成人の日に繋がっていますが、日本における今日の形態の成人式は、第二次世界大戦の敗戦後に実施された青年祭というものがルーツとなっています。

敗戦の混乱が強かった当時に、次代を担う青年達に明るい希望を持たせ励ますため青年祭を企画しました。この青年祭が全国に広がり今日の成人式となりました。

まとめ

成人式の歴史や由来について知ることができました。お子さんが成人を迎える際にはぜひこのことを話してみてください。

3連休となるハッピーマンデー制度は、元日、成人の日、建国記念の日、春分の日、昭和の日、憲法記念日、みどりの日、こどもの日、海の日、山の日、敬老の日、秋分の日、体育の日、文化の日、勤労感謝の日、天皇誕生日となっています。結構多いですよね。