豆知識・雑学

使い捨てカイロの処分方法はどうしてる?処分・再利用方法について解説

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

寒い日はパッと取り出せるあったかアイテムがあると便利です。そこで登場するのが使い捨てカイロだと思います。

しかし、多くの方が何気なく使っているであろうこの使い捨てカイロを使った後はどうしているでしょうか。捨てる際に結構悩んだりすることもあると思います。その際に、捨てようとするカイロを再利用することができれば、素晴らしいですよね!



この記事では使い終わった後のカイロの処分方法・再利用方法について紹介したいと思います。ぜひ試してみてください。

カイロの中身は?

処分方法・再利用方法の前にカイロの中には何が入っているかを知っておきましょう。

気になる中身は下記のようになっており、これにプラスアルファで吸水性の樹脂や木粉などが製造会社によって入っているようです。

  • 鉄粉
  • 活性炭
  • 塩類
  • バーミキュライト

カイロが温かくなるのは、酸素に触れると発熱する鉄粉から熱が発生するところから始まります。密閉されたビニールの袋から取り出されると酸素と鉄粉が結びついて熱が発生、いわゆる酸化鉄となります。

水や塩類、活性炭は上記の酸化を早めるために入っています。同じように入っているバーミキュライトというものは、鉱物の一種で多孔質で非常に軽く、保水性があります。この保水性のおかげでカイロの中に水が含まれていても湿ることがありません。



ものすごい仕組みですよね。ちなみにこの仕組みを開発したのは日本のメーカーです。同じ日本人として鼻が高いですよね。

使い捨てカイロの処分方法は?

使い終わった後のカイロはゴミとして各自治体によって分別して捨てる決まりとなっています。同じ県でも住まれている市町村によって変わりますので注意が必要です。

調べ方としましては ○○市 ゴミ出しと検索するとその自治体のゴミの出し方について事細かに記されています。

例をあげますと、相模原市のホームページですとこのようにゴミの出し方がわからないものは検索ができるようになっています。

このホームページの作りは各自治体によって異なりますので、そこから探して確認後、必ず分別して捨てるようにしましょう。

一番簡単な確認方法は住まれている市役所の生活安全課に電話をすることだと思います。ホームページを見てもわからない場合は問い合わせてみましょう。

カイロを捨てる際の注意点

ゴミとして捨てる際は完全に熱が冷めてから捨てるようにしてください。水分が含まれているものと一緒に出したりしますと、そこからまた熱くなってしまう可能性があります。

また、未使用のもの、袋から出して使っていないものを捨てる際もその状態で捨てるのではなく、しっかりと袋から出して熱を冷ましてから捨ててください。

使い捨てカイロの再利用方法

次は使い捨てカイロの再利用方法についてみていきましょう。

消臭剤として再利用

カイロの中に入っている活性炭には消臭効果があります。cmでよく流れている『脱臭炭』はこの活性炭が含まれているので効果に期待ができます。

やり方は使い終わった使い捨てカイロを靴やブーツなどにそのままいれれば大丈夫です。靴などの他にも、クローゼットや靴箱の中を消臭・除湿したい場合にも一役買ってくれて、その場合は袋から中身を取り出して、小皿などに移して使うと良いです。

ガーデニングとして再利用

カイロの中に含まれているバーミキュライトは畑の土壌肥料として使われています。さらに土に鉄を加えることによって野菜の栄養が増すという効果もあります。

しかし、カイロに含まれている塩類は塩害を引き起こす原因にもなってしまいますので、少し手間ですが、まずはこの塩類を抜く作業をする必要があります。

  1. カイロと水をよくかき混ぜてしばらく置いておく
  2. コーヒーフィルターなどでろ過して水とカイロに分ける
  3. 塩類が取り出せたカイロを使う

水と混ぜることによって塩類が水に溶けて、分けることができます。ぜひ試してみてください。

まとめ

使い終わった後のカイロは住まれている各自治体の指示に従って処分するようにしてください。ちなみに私が住んでいる地域は燃えるゴミの分類でした。

捨てる際にも手軽に消臭する効果があるので再利用してからなるべくは捨てたいですね。再利用は他にも園芸をする際のアクセントとしても活用ができるようです。なんだかすごいですよね。

〜使い捨てカイロの再利用方法まとめ〜
  • 消臭に効果がある!
  • 乾燥にも一役買ってくれる!
  • ガーデニングにも効果がある!

他にもこんな記事を書いています。↓