豆知識・雑学

節分に恵方巻きを食べる意味って?由来や食べる際のルールについて解説!

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

節分の日といって思いつく事と言えば『豆まきと恵方巻き』ですね!節分の時期になるとすっかりとお馴染みになりましたよね。

しかし、そんな節分の日に恵方巻きを、しかも黙って決められた方角を見ながら食べるのって不思議ですよね。

この記事では、節分や節分の日に食べる恵方巻きについてまとめてみました。節分の豆まきについてはこちらにまとめていますので合わせてご覧ください。

恵方巻きを食べる意味って?

恵方巻きは、節分の日にその年の恵方(その年の良い方角)に向かって黙って、無言で食べる太巻きのことです。恵方巻きには具材が7種類入っていて、それらは7福神にちなんでいると言われています。

ワン太郎
ワン太郎
うんうん、それでどんな意味があるの?

恵方巻きをその年の恵方に向かって食べると縁起が良いとされていて、他にも願い事が叶うとも言われています。『縁を断ち切らない』ようにという意味で一気にそして無言で願いごとをして食べます。

この意味の由来については諸説あり、女性が太巻き寿司を丸かじりして願い事をしたら叶ったことや、戦国時代の武将が、節分の日の戦前に、太巻き寿司を丸かじりして出陣したらその戦に勝ったというものなどがあります。



また、恵方巻きは地域によって呼び方が異なるようです。一緒に紹介をしておきます!

  • 恵方寿司
  • 幸運巻(寿司)
  • 招福巻
  • 丸かぶり寿司

恵方巻きの由来と全国への広がり

次は、恵方巻きの由来について見ていきましょう!恵方巻きは、元々は関東圏にはない風習でした。それがどうやって広がっていったか気になりますよね。

しかし、恵方巻きの起源や由来については諸説あり、どれが発祥になっているか分かっていません。ここでは一番有力なものを記しておきたいと思います。

大阪では、江戸時代から明治時代にかけて、節分の日に商売繁盛や縁起を担いで、この恵方巻きを食べるという習慣がありました。しかし、この頃は大阪の一般的な家庭では広まっていませんでした。

しかし、1989年に広島県で某コンビニエンスストアが太巻き寿司を『恵方巻き』と呼んで売り始めたことが全国に広まったきっかけとなりました。

ここまで恵方巻きが浸透してしまうのは、本当にコンビニってすごいですよね。

恵方って?

毎年、毎年『今年の方角は○○○!』と言われていますこの恵方、次はこの恵方について見ていきましょう!

この恵方、4つの方角しかないことをご存知でしょうか。それぞれ『東北東』『西南西』『南南東』『北北西』になります。節分の日はこのどれかの方角になるので覚えておくと便利かもしれません。



この恵方というのは、歳徳神(としとくじん)と呼ばれている神様のいる方角です。この神様は、毎年毎年移動をしていて、年ごとに恵方が変わるのはそのためです。

この移動にはルールがあり、干支と合わせて暦の表示の際に使われるという『十干(じっかん)』という、少し聞きなれないものによって決められます。

この十干は、『甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸』の10種類があります。この組み合わせによってその年の恵方が決まります。

恵方の組み合わせ
  • 甲(きのえ)・己(つちのと)→東北東
  • 乙(きのと)・庚(かのえ)→西南西
  • 丙(ひのえ)・辛(かのと)→南南東
  • 戊(つちのえ)・癸(みずのと)→南南東
  • 丁(ひのと)・壬(みずのえ)→北北西

恵方の調べ方

恵方って毎回どこを向いていいかわからなくなることってありますよね。そんな時はこのサイトがオススメです。

みんなの知識 ちょっと便利帳

サイトに飛んで下にスクロールをしますと、西暦を入力する画面になりますのでそこに入力します。そうしますと、その年の恵方が一目でわかります。

また、こちらの画面で住所を入力すると、どっちを向いて食べればよいかすぐに分かりますので便利です。

恵方巻きの食べ方

続いて、恵方巻きの食べ方についてみていきましょう!ポイントは4つありますが、一気に食べるのって結構厳しいので、無理しないでくださいね。

恵方巻きを食べる際のポイント
  1. その年の恵方(良い方角)に向かって食べる
  2. 願い事をしながら食べる
  3. 黙って食べる
  4. 一気に食べる

上にまとめたものを一つずつ見ていきましょう。

その年の恵方(良い方角)に向かって食べる・願い事をしながら食べる

恵方巻きは、その年の恵方に向かって願い事をしながら食べます。

恵方というのは神様がいる方向のことです。食べている間に他所を見たりしたら失礼ですよね。また、恵方に向かって食べないと、御利益を得ることができなくなってしまうとも言われています。

その年の恵方を調べて、間違えないように食べましょう。

黙って食べる

恵方巻きは黙って食べます!こちらも上記と同じ理由で、御利益を得ることができなくなってしまいます。大きさにもよりますが、黙って食べるのはそんなに難しいことではなさそうです。

一気に食べる

恵方巻きは、切り分けないで一気に食べると言われています。

この一気に食べるというのは、恵方巻きの中に入っている7つの縁起の良い具材を一気に体の中に収めるという意味があります。それらと一緒に商売繁盛などの願いも一気にいただくという意味もあります。

一気に食べるのは大事ですが、それが元で喉を詰まらせてはいけないので、食べる際は無理はしないでくださいね。小さなお子さん用に恵方巻きを細く作るという手もありますね。

節分に恵方巻きを食べる意味って?由来や食べる際のルールについて解説!まとめ

恵方巻きを食べる際にどっちを向いて食べていいか分からないことって多々ありますよね。そんな時はこのサイトでも貼ったこちらのサイトがとても便利ですので活用してみてください。

願い事をかなえられるように正しい食べ方で無理しないように、恵方巻きを食べてみてください。