言葉

ごぼう抜きの意味や語源って?よく聞くあの使い方は誤用だった?

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

駅伝などの番組を見ていると、選手の方が5,6人を一気に抜き去るときにごぼう抜きだぁー!という表現を耳にします。これを聞いていて思ったのですが、なんで『ごぼう』なんですかね。他のものでも良さそうにも思えますが何か意味がありそうです。



この記事では、そんな『ごぼう抜き』の気になる由来や意味や使い方について見ていきたいと思います。また、この『ごぼう抜き』の誤用、間違った使い方についても見ていきたいと思います。

ごぼう抜きの意味って?

ごぼう抜きの気になる意味ですが、この意味にはいくつかあるようです。

  • ごぼうなどの棒状のようなものを引き抜く事・引っ張り上げる事
  • 多くの中から一つずつ抜く事
  • 多くの中からその人材を引き抜く
  • リレーや駅伝などで、他の選手を一気に抜き去ること

少し聞きなれない意味もありますが上記のようになっています。この中で一番よく耳にするのが冒頭でも挙げたリレーや駅伝などで、他の選手を一気に抜き去ることというものだと思います。

しかし、この使い方は今でこそ国語辞典などでも載せられるほど一般的になっていますが、元々は誤用だとされています。その理由には『ごぼう抜き』という言葉の語源・由来をたどってみると少し分かります。

元々は誤用でも重複(ちょうふく)重複(じゅうふく)のように時代の変化とともに読み方や意味などが変わってしまうので、覚えるのが大変ですよね。

ごぼう抜きの語源・由来って?

ごぼう抜きの語源・由来は、そのままごぼうを抜くという行為だとされています。ごぼうは畑にしっかりまっすぐに生えていて、実際に抜くのにはかなり大変なため、一本一本抜いているそうです。(機械を用いているところもあります。)

そのごぼうを抜くためには、ごぼうの真上から一直線に引っ張って抜きます。

この収穫する際の一直線に引っ張る・抜くのがなかなか大変なために一気に抜くというその仕草・特徴からそのまま『ごぼう抜き』という言葉が生まれたとされています。

そして、ごぼうは畑にぎっしり生えているために、同時に何本も抜くという事ができないので、多くの中から一つを引き抜くという意味にもなったそうです。



そこからだんだんと、一つを一気に引き抜くというところから多数を一気に抜き去るという誤用が広がったとされています。少しややこしいので次の段落でまとめます。

ごぼう抜きの語源からの広がり

まとめてみますとこのようになります。↓

  1. ごぼうなどの棒状のようなものを引き抜く事・引っ張り上げる事
    →収穫する際の一直線に引っ張る・引き抜くというところから
  2. 多くの中から一つずつ抜く事・人材を引き抜く事
    →ごぼうは畑にぎっしり生えているために、同時に何本も抜くという事ができないため一つ一つ抜くというところから
  3. 多数を一気に抜き去る
    →②からだんだんと連想されて、多数を置いて、1本だけが一気に抜かれていくというところから

ごぼうを抜くという行為から、このように意味が広がっていったのはすごいですよね。

こう見ると、誤用と言われている『リレーや駅伝などで、他の選手を一気に抜き去ること』は、誤用ではないのではないかと思ってしまいます。

実際に『ごぼう抜き』と聞かれて一番に連想されるのってこの意味だと思うので今日では、もう誤用とは言えないと思います。誤用だったが正しいのかもしれません。

まとめ

『ごぼう抜き』の意味と由来・語源や誤用について見ていきました。

『ごぼう抜き』の意味は様々ありますが、元を辿るとそのままごぼうを抜くという行為でした。そこからだんだんと広がっていき、今日の使い方まで広がっていきました。

この『ごぼう抜き』に限らず日本語は難しいものが多く、意味や読み方が時代によって変化してしまうので、言葉遣いには気をつけていきたいところです。