豆知識・雑学

ゴールデンウィークの由来や祝日の内訳は?2019年はなぜ10連休なの?

将軍
将軍
こんにちは!将軍と言います!

ゴールデンウィークは大型連休なので、どこへ行こうか・何をしようか、その計画を立てるのがとてもワクワクしますよね。

しかし、そのゴールデンウィークの名称の由来や、その構成している祝日は、そもそもどのような日なのか気になりますよね。休みに目がいきがちですが、この機会にそれらがどんな日なのか振り返るのも良いと思います。

この記事では、そんなゴールデンウィークの疑問についてまとめています。

  • ゴールデンウィークの名称の由来
  • 構成している祝日はどんな日なのか
  • 2019年はなぜ10連休なのか

なぜゴールデンウィークというのか

まずは和製英語である『ゴールデンウィーク』は、一体どんなことがきっかけでこういった名称になったのかについて見ていきます。

ワン太郎
ワン太郎
気になる!気になる!

ゴールデンウィークという名称のきっかけとなったのは『映画』だとされています。

1948年に『国民の祝日に関する法律』が施行され、それに伴い連休が続く『4月末~5月初め』現在のゴールデンウィークにあたる期間に、公開された映画が大ヒットし、映画館への入場者数が増加しました。

これを機にもっとお客さんを呼び込もうと、映画製作会社の方が、1日のうち19時から22時の間の3時間、テレビなどで視聴率が最も高くなる『ゴールデンタイム』から黄金週間と命名をしました。

その後、これではインパクトに欠けるという理由からゴールデンウィークになりました。

ワン太郎
ワン太郎
黄金週間って何だかすごい言葉だね。

構成している祝日について

続いては、ゴールデンウィークを構成している祝日について見ていきます。

  • 4月29日→『昭和の日』
  • 5月3日→『憲法記念日』
  • 5月4日→『みどりの日』
  • 5月5日→『こどもの日』

これらに土曜日と日曜日、振替休日が組み合わさってゴールデンウィークになります。

〜昭和の日〜

昭和の日は、昭和天皇の誕生日である4月29日であり、『激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす』という趣旨のもとに制定されました。

この昭和の日は、元は、昭和天皇が自然をこよなく愛していたということから『みどりの日』という名称でしたが、『昭和の時代を忘れない』という考えと祝日改正法により2007年(平成19年)にみどりの日は昭和の日へと変更されました。

昭和の日やみどりの日の由来や、それに関する疑問については下でまとめていますので、よかったらご覧になってくださいね。

〜憲法記念日〜

憲法記念日は、5月3日であり『日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する日』という趣旨のもとに制定されました。

日本国憲法は、1946年(昭和21年)の『11月3日』に公布され、1947年(昭和22年)の『5月3日』に施行されました。公布日は『文化の日』、施行日は『憲法記念日』にそれぞれなりました。

ワン太郎
ワン太郎
国民主権・基本的人権の尊重・平和主義だね!

憲法記念日の意味や由来については詳しくはこちらでまとめていますので、こちらも良かったらご覧になってください。

〜みどりの日〜

みどりの日は5月4日であり『自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ』という趣旨の元に制定されました。

元々、このみどりの日は4月29日に制定されていましたが、『昭和の時代を忘れない』という考えと祝日改正法により名称が昭和の日と変更されました。

これによって余ってしまったみどりの日は、ゴールデンウィークの中で特に名称のなかった5月4日にみどりの日という名前を当てはめました。

〜こどもの日〜

こどもの日は5月5日であり『こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する』ことを趣旨として制定されました。

こどもばかりに目がいきがちですが、そのお子さんを産んでくれたお母さんにも感謝をする日です。別名『端午の節句』とも言われます。

2019年はなぜ10連休なのか

2019年のゴールデンウィークが10連休になるということで盛り上がっている中、どうして10連休になるのかについて見ていきます。

通常のゴールデンウィークであればこのようになります。3日休んで3日行って、4日休むといった感じになっています。

日にち
備考
4月27日(土曜日)
休み
4月28日(日曜日)
休み
4月29日(月曜日)
昭和の日
4月30日(火曜日)
平日
5月1日(水曜日)
平日
5月2日(木曜日)
平日
5月3日(金曜日)
憲法記念日
5月4日(土曜日)
みどりの日
5月5日(日曜日)
こどもの日
5月6日(月曜日)
こどもの日の振替休日

しかし、今上天皇が4月30日に退位することが決まっており、5月1日には新天皇が即位しますので、その日が祝日となります。最初は、5月1日を祝日にするか検討をしているとのことでしたが、衆参議院ともに特別法案が可決されたので、祝日に決定しました。

それに伴い5月1日が祝日になるということで、『祝日法』には祝日の間に挟まれた日は休日にするという決まりがあるので、同様に4月30日と5月2日が休日になります。

皇太子さまが即位する2019年5月1日と、即位を国内外に宣明する「即位礼正殿の儀」を開く10月22日を祝日扱いとする関連法が8日未明の参院本会議で可決、成立した。両日を祝日として扱うのは19年限りとする。祝日法の規定により、19年4月27日から5月6日まで10連休となる。

祝日法には祝日の間に挟まれた日は休日にするとの規定がある。5月1日を祝日扱いにすると、5月1日と昭和の日(4月29日)の間の4月30日と、憲法記念日(5月3日)の間の5月2日が休日となる。

来年GW10連休、関連法が成立より引用



つまり、2019年のゴールデンウィークの日程はこのようになります。

日にち
備考
4月27日(土曜日)
休み
4月28日(日曜日)
休み
4月29日(月曜日)
昭和の日
4月30日(火曜日)
祝日法により休日に
5月1日(水曜日)
新天皇即位の日
5月2日(木曜日)
祝日法により休日に
5月3日(金曜日)
憲法記念日
5月4日(土曜日)
みどりの日
5月5日(日曜日)
こどもの日
5月6日(月曜日)
こどもの日の振替休日
将軍
将軍
10連休なんてすごいね!
ワン太郎
ワン太郎
何をしようかなぁ。

まとめ

ゴールデンウィークの由来や構成している祝日、2019年のゴールデンウィークはなぜ10連休なのかいついて見ていきました。

2019年のゴールデンウィークがなぜ10連休なのかについては以下の通りです。

  • 5月1日には新天皇が即位するためその日が祝日になるため
  • 祝日の間に挟まれた日は休日にするという決まりがあるので、同様に4月30日と5月2日が休日になるため

しかし、祝日として扱うのは19年限りなので、2019年のゴールデンウィークを楽しんでいきましょう!