Googleサービス

Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する設定方法を解説

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

自分が運営しているブログやサイトのアクセス数はとても気になりますよね。そこで便利なのがGoogleが提供しているGoogleアナリティクスというサービスです。



しかし、アナリティクスは設定をしないともれなく自分のアクセスもアクセスとしてカウントされてしまいます。しかも、『プレビュー』までもです。

正確なアクセス数を知ることができないというのはもちろんですが、ブログ初心者にとって自分のアクセスがそのアクセス数のかさ増しになっていたとしたらショックは大きいです。実際に私がそうでした。



この記事ではGoogleアナリティクスで自分のアクセスを除外する設定方法を2つ丁寧に解説したいと思います。初心者の方はぜひやってほしい設定なので一緒に設定をしていきましょう。

アナリティクスでIPアドレスを指定して除外する①

IPアドレスを指定して除外するこの方法はGoogle Analyticsのフィルタ機能を使います。接続されているIPアドレスを登録してそこのアクセスを除外するというものです。



ただ注意点として、この方法はIPアドレスが変わってしまうとまたアクセス数としてカウントされてしまうことです。そのためプロバイダにて固定IPサービスを利用していないと使えず、利用中のプロバイダが変わればその都度設定する必要があります。

IPアドレスの調べ方

早速IPアドレスを調べてみましょう。調べる方法はたくさんあるのですが、サイトに接続するだけですぐに自分のIPアドレスがわかるサーバー監視/ネットワーク監視サービスが便利ですのでこちらにアクセスします。



アクセスしますとこのようにIPアドレスが表示されます。こちらに表示されている11桁の数字をコピーしておきましょう。

アナリティクスの管理画面からフィルタへ

続いてアナリティクスの管理画面から先ほど調べたIPアドレスをフィルタに設定します。

アナリティクスにログインをしたら画面左下にある歯車マークの『管理』をクリック、続いてすべてのウェブサイトのデータより『フィルタ』をクリックします。その後『フィルタを追加』をクリックします。

こちらの画面からフィルタの設定をしていきます。設定の仕方は下の画像の通りです。入力が終わりましたら、画面下にある『保存』ボタンをクリックすると設定は完了になります。

フィルタ名 自分が分かりやすい名前に設定しておきましょう。
フィルタの種類 カスタムに設定します。
フィルタフィールド IPアドレスを選択します。
フィルタパターン こちらに調べたIPアドレス11桁を入力します。

アナリティクスでIPアドレスを指定して除外する②

上記の方法を試しても自分のアクセスがカウントされてしまう場合があります。それは接続方式(IPv4接続かIPv6接続)かで設定方法が異なってしまうことに原因があります。

上記の設定はIPv4接続の設定方法になりますので、もし上記の方法を試しても自分のアクセスがカウントされてしまう場合はIPv6接続だと思いますので、新たに設定をしてみましょう。

IPアドレスの調べ方

こちらも同じようにIPv6接続のIPアドレスを調べます。まずはこちらのあなたの IPv6 接続性をテストしましょう。というサイトで自分がIPv6接続時のIPv6アドレスを調べてみましょう。

アクセスしますとIPv4接続とIPv6接続それぞれ表示されると思いますが今回のIPアドレスは2行目になります。今回は11桁ではなく、数字と英語の並んだやけに長い羅列になります。こちらをコピーしておきましょう。

アナリティクスの管理画面からフィルタへ

先ほどと同じようにアナリティクスのフィルタ設定の画面に向かいます。

こちらのフィルタ設定は先ほどのものとは違いますので注意です。設定の方法は下の画像の通りになります。入力をしましたら同じように『保存』で完了です。

フィルタ名 自分が分かりやすい名前に設定しておきましょう。
フィルタの種類 定義済みからそれぞれ『除外』『IPアドレスのトラフィック』『前方が一致』に設定をします。
フィルタパターン こちらに調べたIPアドレスを入力します。ただし前半の4ブロックのみになります。(例:1234:5678:a1b2:c3d4:8765:4321:4d3c:2b1aの場合は前半の1234:5678:a1b2:c3d4のみ

アナリティクスオプトアウトアドオンで除外する

もう一つ自分のアクセスを除外する方法を紹介したいと思います。それはGoogleが提供している『Google アナリティクス オプトアウト アドオン』というものを使う方法です。これはブラウザを拡張してそのブラウザからアクセスしたものを除外するというものです。

タブレットやスマホには対応していませんが日常的にパソコンを使って作業をしている方には一番オススメの方法です。



使用できるブラウザは下記のものになります。

  • Microsoft
  • Internet Explorer 11
  • Google Chrome
  • Firefox
  • Safari
  • Opera

まずはGoogle アナリティクス オプトアウト アドオンにアクセスします。アクセスをしましたら『Google アナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード』をクリックしてダウンロードします。

ダウンロード後は、各ブラウザから機能拡張を行います。Google Chromeの画面は右上にある『CHROMEに追加』から機能拡張ができます。Google Chrome以外も手順に沿って行うことによって簡単にできますので試してみてください。

まとめ

アナリティクスは運営していく上では必ず使っていくものなのでしっかりと設定をするようにしましょう。

まだ除外していないよ、という方は早速設定をしてみましょう。やはり、アクセス解析をするならより正確のものの方がいいですからね。