言葉

『始め』と『初め』の違いについて解説!

将軍
将軍
こんにちは!将軍と言います

何かの文章を書く際に『始め』と『初め』という言葉の書き方について迷ったことはないでしょうか。この2種類の『はじめ』の違いについてよく分からないという方も多いと思います。

この記事ではその『始め』と『初め』の違いについて一緒に見ていきましょう。

『始め』と『初め』の違い

まずは両者の違いについてさらっと見ていきましょう!

  • 始め:物事の開始や始まり、スタートを示す意味合いを持つ言葉
  • 初め:時期や時間的なもの、最初、1番目などを示す意味合いを持つ言葉

基本的にはこのような形になっていますが、もし判断がつかないようであれば、無理に漢字で書くより、平仮名で書いても問題はないようです。

続いてそれぞれについてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

『始め』について

『始め』とは、物事の開始や始まり、スタートを示す意味合いを持つ言葉です。物事というのが大事なのですが、中には判断がしにくいものもあります。

判断が難しいものの中に『日本をはじめとして』の『はじめ』があります。この場合、日本を最初として考えてこちらの『初め』にしてしまいがちですが、日本から始まりとして考えるので『始め』になります。

ワン太郎
ワン太郎
ややこしいね

また、英語で表すと『start』『beginning』になります。英語で表すと少し分かるような気がしますよね。

将軍
将軍
例文を作ってみました
  • 新しい文房具を使い始めた
  • 先生方を始め、保護者の皆様〜(省略)
  • 選手宣誓が運動会の始まりを告げた!

『初め』について

『初め』とは時期や時間的なもの、最初、1番目などを示す意味合いを持つ言葉です。この『初め』は『最初は』という言葉に置き換えて考えると分かりやすいかもしれません。

こちらも判断が難しいものがあり『仕事はじめ』の『はじめ』が挙げられます。今年最初の仕事として『初め』が使われがちですが、実はこれは間違いになります。この場合は今年最初の仕事ではなく、仕事という物事が始まるという事で『始め』が使われます。

また、こちらを英語で表すと『first』になります。

将軍
将軍
こちらも例文を作ってみました
  • 年の初めには家族みんなで書き初めをします
  • セーブデータが消えてしまったので初めからやり直した
  • 人生で初めての体験をした

まとめ

  • 始め:物事の開始や始まり、スタートを示す意味合いを持つ言葉
  • 初め:時期や時間的なもの、最初、1番目などを示す意味合いを持つ言葉

日本語って本当に難しいですよね。物事か時間的なものなのか、その辺りを見て判断していく必要があります。

上で紹介をしました判断がしにくいものに関しては、判断するよりは覚えておいたほうが良いかもしれません。また、はじめましての場合はどちらの『始め・初め』を使っても良いとされています。