豆知識・雑学

飛行機雲が見えた次の日は天気が崩れるって本当?気になる疑問について解説!

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

普段何気なく空を見上げると飛行機雲ができていることってありますよね。青い空に飛行機雲が見えるとなんだか幻想的で目で追ってしまいます。そんな中、飛行機雲が見えた次の日は天気が崩れるという噂を聞いたことはないでしょうか。

ワン太郎
ワン太郎
あるある!でもそれって本当なの?

この記事ではそんな天気が崩れるという噂も含めた飛行機雲に関する情報をまとめてみました。

天気が崩れるって本当?


結論から言いますと飛行機雲が見えた次の日周辺は天気が崩れるという可能性があります。というよりは飛行機雲が見えてなかなか空から消えないと天気が崩れる可能性があります。

ワン太郎
ワン太郎
へぇ〜なかなか消えないと崩れる可能性があるのか
将軍
将軍
天気が崩れるのが判るようになるね!

飛行機雲が見えてなかなか空から消えないようでしたら、天気が崩れる可能性があるので傘や雨がっぱなどの準備をしておきましょう。

なんで崩れるという指標になるのか


上空の空気が乾いているとすぐに雲はなくなってしまうのですが、雲の特性として気温が低くて、湿度が高いと出来やすく、上空の空気にたくさんの水分がふくまれていると雲として長時間残ると言われています。

この結果、低気圧が付近に存在するということになります。

低気圧が来ると雨になるというのは有名ですがその原理がこちらに詳しく書かれていました。

低気圧は、周りから空気が集まってきて、その空気が上昇気流となって上空へのぼっていく性質をもっています(前線付近や気圧の谷、台風も同じ性質です)。地面近くで暖かかった空気が上空へ昇っていくと、冷やされて空気中の水蒸気が水の粒や氷の粒になって現れてきます。水や氷の粒が集まったものが雲です。雲がどんどん大きくなって、水や氷の粒がお互いにくっつきあって大きくなり、やがて空に浮かんでいられなくなると、地上へ向かって落下を始めます。氷の粒がそのまま融けずに降ってくると雪ですが、たいがいは融けて水(雨)となって落下します。

子供の科学より引用

ワン太郎
ワン太郎
とりあえず低気圧=雨ってことだね!

飛行機雲はどうやってできる?


どんな風に飛行機雲ができるのか気になりますよね。その飛行機雲のでき方としては2種類のでき方があります。

  • 飛行機のエンジンから出る排気ガスが作り出す雲
  • 飛行機で作られる空気の渦によってできる雲

飛行機から出る排気ガスには水蒸気が含まれており、さらに高温なのでそれが上空の冷たい空気と合わさって飛行機雲ができます。また、飛行機は主翼の後ろに空気の渦ができて、その空気で周囲の気圧と気温が下がり、水分が冷やされて飛行機雲ができるとも言われています。

また、エンジンから出る排気ガスからできているので、エンジンの数によっては飛行機雲が複数個できます。この辺りは知っていたら友達に自慢できますよね。

まとめ

飛行機雲が見えた次の日は天気が崩れるというのは本当でした。正確にいうと空に見えた飛行機雲がなかなか消えないと、天気が崩れる可能性があるということでした。

いつも何気なく『あっ!飛行機雲がある!』くらいの感じで見ていましたが、これからはどのくらいの時間残っているかも見てみると天気が悪くなるかわかりますね。