ガジェット

iPhoneのナイトシフトで目疲れを軽減!気になる効果や設定方法を解説!

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

暗い中でスマートフォンをいじっているとだんだんと目がしばしばして、疲れてきますよね。この目が疲れてしまうのはスマートフォンから出ているブルーライトというものが原因になっています。

目が疲れるだけでなく、その後の睡眠にも差し支えますし、最悪の場合には失明するといった話も耳にします。



目の負担を減らすためにもiPhoneで設定をしておきたいのがNight Shift(ナイトシフト)モードです。これを使用するとスマートフォンから出るブルーライト、目や睡眠への影響を軽減する事ができます。

まだ設定していないという方は早速設定をしていきましょう。指定した時間帯になると自動的にナイトシフトになるという設定もありますので一緒に見ていきましょう。

iPhoneのナイトシフトの設定方法

『ナイトシフトモード』はiOS 9.3以降からの機能ですので、おそらく大丈夫だとは思いますが、iOSの更新をしていない場合は更新をしておきましょう。設定方法は簡単ですのですぐに使用することができます。

まずはiPhoneの設定から画面表示と明るさをタップします。


続いてNight Shiftをタップします。


この画面で指定した時間帯になると自動的にナイトシフトにする設定ができます。だいたい布団に入る時間の1時間くらい前に設定をしておけば、便利だと思います。

また、時間を設定しなくても手動で明日まで有効にするを選択するとすぐにナイトシフトモードになります。

iPhoneのナイトシフトをすぐに使いたい!

目が疲れたなぁと感じて、いちいち設定からナイトシフトを手動でONにするのは少々面倒だと思います。そんな時はコントロールセンターからナイトシフトを使ってみましょう。コントールセンターは以下の方法で開くことができます。

〜操作方法〜

  • iPhoneX以降の場合:画面の右上隅から下にスワイプ
  • 上記以外:画面の下から上にスワイプ

コントールセンターから画面の明るさを調節することができる太陽のようなマーク(これって正式名称があるんですかね)を長押しします。

画面左側のNight Shiftをタップするとオンオフの切り替えができます。また、時間を設定している場合はその時間帯までオフにすることができます。

iPhoneのナイトシフトの効果


このナイトシフトはiPhoneの液晶画面の色味を青を減らし、赤を増やすという機能で、iPhoneから出るブルーライトの量を少なくする事ができます。その結果、目への負担を軽減することができます。

iPhoneのナイトシフトは目が疲れた際にも、とても便利ですし、目に来るブルーライトをカットすることによってその後の睡眠の妨げられないようにすることができます。

スマートフォンは便利な反面、いつでもどこでも使うことができるので、目が疲れてしまいます。そんな時にもこのナイトシフト機能を使ってみてください。

まとめ

スマートフォンの普及によって、目が疲れてしまったり、遠くをみるとぼやけるといったスマホ老眼が若い方の間で広がっています。このスマホ老眼にならないためにもナイトシフトをうまく活用するとともに以下のことに注意して使うようにしましょう。

  • 暗いところで使うのは控える
  • 画面を近くで見ない
  • 小さい画面を長時間見る