豆知識・雑学

ジューンブライドとは?意味や由来、日本の式事情について解説!

将軍
将軍
こんにちは!将軍と言います!

6月と言ったら思い浮かべるものは多々ありますが「ジューンブライド」と言うものがあります。カップルにとって結婚式の時期はとても重要なことで、「6月に結婚をすると幸せになれる」と言うことから6月は人気ですよね。

しかし、なぜ数ある中でも「6月」なのか気になりますよね。6月は梅雨の時期でもあるので、せっかくの結婚式の日に雨が降ってしまったら嫌ですよね。

この記事では、気になる「ジューンブライド」の意味や由来についてまとめてみました。

『ジューンブライド』の意味

ジューンブライド(June bride)」とは、ヨーロッパから伝わった言い伝えのことで、直訳すると「6月の花嫁」と言う意味になります。よく「ジューンプライド」と間違えてしまうので注意です。

古くからヨーロッパでは、「6月に結婚をするとその花嫁は幸せになれる」という言い伝えがあり、ジューンブライドにはその意味があります。

幸せになれるのであればぜひ6月に結婚をしたいですよね!ではなぜ6月なのかについて見ていきましょう。

『ジューンブライド』の由来

ジューンプライドの由来に関しては諸説ありますが、特に有力だとされている3つについて紹介していきますね。

ギリシャ神話に登場する女神から

ギリシャ神話には「ゼウス」と言う全知全能の神がいます。パズドラやモンストといった多くのゲームで登場しますよね。そのゼウスには、「ヘラ」と言う妻がいます。こちらはギリシャ神話に登場する女神の中でも最高位の女神で、結婚・母性・貞節を司り、また、6月を守護していると言われています。

このことから、6月に結婚をすると結婚・母性・貞節を司るヘラから加護を受けて幸せになれると伝えられてきました。

また、ギリシャ神話の影響を受けているローマ神話では神々が同一視されており、ゼウスは「ユピテル(jupiter)」、ヘラは「ユノ(juno)」とされています。

英語で6月のことを「june」と呼ぶ・綴る語源にはローマ神話が関係しているんですね。

農作業の影響から

農作業は繁忙期になってしまうと休みをとっている暇がなくなるほど忙しくなってしまいます。兼業農家の方はなおさらですね。

古代ヨーロッパでは3月・4月・5月は農業の繁忙期とされており、農作業の妨げになってしまうため結婚を禁止にまでしていました。結婚が解禁される6月には、農作業の繁忙期の終わりということもあり、結婚をする方が多く、そのことから「6月に結婚をするとその花嫁は幸せになれる」という言い伝えが広がっていきました。

天候の影響から

ヨーロッパでは、ジューンブライドにあたる6月は、1年の中でもとりわけ天気が良く結婚式には最適な時期でした。雨に降られるということもなかったため、結婚式をあげる方が多かったようです。

反対に日本では、一部の地域を除いて「梅雨」にあたってしまうので、その辺りは雨が当日に降らないように祈るしかなさそうです。

ただ、日本には「雨降って地固まる」ということわざもありますので、当日に雨が降ったとしてもマイナスではなくプラスで考えていきましょう。

  • 雨降って地固まるとは揉め事や争いの後は、かえって良い結果・状態、安定した状態を保てるようになること

『ジューンブライド』は多いのか

晩婚化が進む昨今の日本では、6月の結婚式事情はどうなっているのか気になりますよね。平成29年,30年の月別の結婚式の取扱件数データはこのようになっています。

日本ではジューンブライドがあるからといって、6月に挙式をあげる方はそこまで多くなく、下から数えたほうが早いですね。やはり、ジューンブライドによる料金の割増や梅雨による天気の影響などにより、6月は避ける傾向にあるようです。

月の中でもとりわけ人気があるのが11月ですね。11月は肌寒いですが気候が他の月に比べて安定しており、9月10月もそれに続きます。

また、11月には11月22日の「いい夫婦の日」に制定されており、結婚式の日としてかなり人気の日になっています。

『ジューンブライド』まとめ

ジューンブライドの由来に関しては、3つありそのどれもが納得する理由でしたね。神の加護を受けて、その後の生活がうまくいくのであればぜひあやかりたいものですが、一番大切なのは夫婦の努力だと思います。

いつまでも笑顔でいられるような素晴らしい生活を送っていきたいですね。

『ジューンブライド』まとめ
  • ジューンブライドの由来に関しては、ギリシャ神話に登場する女神・農作業の影響・気候の影響の3つがありました。
  • 日本では6月に式を挙げるという方は少なく、気候やった語呂合わせなどの理由から11月が1番多いようです。