健康

蚊に刺されに「爪バッテン」はNG?痒みを抑える方法は?

将軍
将軍
こんにちは!将軍と言います!

蚊に刺されるとその部分が痒くなってしまうので本当に嫌ですよね。特に夏場などは、ちょっと外出したり、家の中に蚊の侵入を許してしまうといつの間にか刺されています。

刺されてしまった箇所への対処方法に関しては様々な方法がありますが、その中にはその場での痒みしのぎだけで、症状がひどくなってしまうものがあります。

この記事では、蚊に刺された箇所への正しい対処方法、やってはいけないこと、そもそもなぜ痒くなるのかについてまとめてみました。

そもそもなぜ痒くなるのか

蚊は動物に取り付いて針を刺します。この際に皮膚に痛みを感じさせないようにする成分と、血液を固まらせないようにする成分を体内へと注入します。この体内へと注入したものが、体内でアレルギー反応を引き起こし、かゆみや赤く腫れるといった症状が出ます。

体内へと注入したものに対して私たちの体は、刺されたその周辺に「ヒスタミン」という物質を分泌させます。ヒスタミンは、傷を治すために活動を始めるのですが、その際に神経にも作用してしまい、作用した結果「痒み」を引き起こしてしまいます。

同じ症状で「かさぶた」ができた時も、その周りが痒くなることがあると思いますが、こちらもヒスタミンが原因になっています。

かさぶたの痒みや治る期間は?気になるかさぶたのアレコレまとめ 転んだりして傷ができるとその部分には『かさぶた』ができますよね。あのかさぶたって剥がしてはいけないというのは聞いたことがあると思...

蚊に刺されに「爪バッテン」はNG?

蚊に刺された箇所に「バッテン」をつける方は多いと思いますが、実はこれ症状がひどくなってしまう可能性があるので控えた方が良いです。

バッテンをつけた後の少しの間は、痒みが痛みに変わって症状が薄くなったように感じますが、その場しのぎだけです。同様に蚊に刺された箇所を掻いてしまうのも症状がひどくなってしまう場合があります。

蚊に刺された箇所に「バッテン」をつけるのは、蚊は吸血鬼のように血を吸うので、吸血鬼が苦手な「十字架」を表しているとかなんとか。おまじないのような意味合いがあるんです。

痒いところを掻いたりせずにそのまま放置するのは心苦しいですが、我慢をしてしっかりとした対処方法をとっていきましょう。

蚊に刺されの正しい対処方法

蚊に刺された箇所は掻いてしまいがちですが、早く治療をするためにも正しい対処方法を覚えておくと便利です。様々な方法があるので、いくつか紹介していきますね。

市販の薬を使う

本当に普通の考えなのですが、薬を使用するのが一番効果的だと思います。

痒みの原因には「ヒスタミン」の作用が元になっています。蚊に刺された箇所に「抗ヒスタミン成分」が配合されている虫刺され薬を塗ると効果的です。この際にできるだけ早く塗るのがポイントです。

痛みや腫れなどがひどい場合は「ステロイド成分」が配合されているものを選んで使用してみてください。

水などで冷やす

蚊に刺されの痒みをさっと抑えることができる方法に「水などで冷やす」というものがあります。

蚊に刺された箇所はアレルギー反応を起こし熱を帯びているため、その熱を冷やすことによって痒みを抑えることができます。しかし、痒みを抑えることがでなるにるのはあくまでも一時的なものなので、いますぐに痒みを抑えたいというときに冷やしてみてください。

石鹸で洗う

蚊に刺された際の痒みは、アルカリ性の石鹸で洗うことによって中和させることができます。蚊が私たちに注入する成分は、酸性なのでアルカリ性の石鹸使うことで痒みを抑える事が出来ます。

石鹸には酸性、中性、アルカリ性がありますが、アルカリ性でないと効果がありませんので注意です。

絆創膏を貼る

痒みや痛みなどは、空気に触れることによって引き起こされるので、絆創膏を貼ることによって空気をカットすることができます。痒くなって掻いたとしても、絆創膏の上からならばかきむしって悪化させるということも無くなります。

また、蚊に刺されたらすぐに絆創膏を貼ることによって、治りが早くなるようです。

『絆創膏』の呼び方の違いや種類は?地域ごとの呼び方の違いについて解説! 体に傷ができてしまった時にお世話になる『絆創膏』。しかし、この絆創膏の呼び方は地域によって異なります。 詳しい方だと、絆創...

柑橘類の果汁を塗る

柑橘類に含まれている「クエン酸」には痒みを抑えてくれる効果があります。レモンなどの果実を絞って、その果汁を蚊に刺された箇所に塗ってみてください。

また、止血にも効果がありますので覚えておくと何かあった時に便利です。

塩を揉み込む

少し痛そうですが、塩を揉みこむことによってその痒みをなくすことができます。塩の浸透圧によって蚊に注入された成分が、体外へと排出されるためです。

塩は比較的手に入りやすく、キッチンなどに置いてあると思いますので、ぜひ試してみてくださいね。

蚊に刺されないようにするために

蚊に刺されないようにするために普段から、以下のことを守ることがポイントです。刺されないことが一番ですからね。

  • 汗をかいたらこまめにふく
  • 虫除けスプレーは数時間おきに、また洋服にもかける
  • 小さな水たまりなどは埋めるようにする

肌に汗をかいていると蚊は近寄って来やすく、そのせいで刺されてしまいます。汗をかいたらこまめにふくように心がけましょう。夏場などは特に、汗もかきやすく、蚊も活発になる時期なので、ハンドタオルやハンカチなどは常備しておきましょう。

最近の虫除けスプレーは効果やその持続時間も上がっていますが、虫除けスプレーも汗をかいてしまうと落ちてしまうので、数時間おきにかけ直して虫たちがよってこないようにするのが良いです。その際に露出している肌だけでなく、服の方にもある程度かけておくのがおすすめです。

蚊の発生源である小さな水たまりなどは作らないように、家の庭などにあったら埋めてしまいましょう。

蚊に刺されまとめ

蚊に刺された箇所は、痒くなって掻いてしまいがちですが、症状を悪化させないようにするためにも、「掻かない」「爪バッテン」は控えるようにしましょう。

一番簡単に痒みを抑える方法は、「水などで冷やす」ことです。痒みや痛みが我慢できない場合はぜひ試してみてくださいね。

痒みを押させる方法まとめ
  • 市販の薬を使う
  • 水などで冷やす
  • 石鹸で洗う
  • 絆創膏を貼る
  • 柑橘類の果汁を塗る
  • 塩を揉み込む