豆知識・雑学

建国記念の日と建国記念日の違いは何?意味や由来について解説!

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

祝日と呼ばれている日は年に何回かありますが『2月の祝日って?』と聞かれたら建国記念の日が思い浮かぶと思います。

ワン太郎
ワン太郎
あれ!?『建国記念日』じゃなかったっけ?

この辺り少しややこしいのですが、建国記念の日と建国記念日では驚くことに意味に違いがあるんです。この記事ではその辺り、建国記念の日と建国記念日の違いも含めて建国記念の日の意味や由来について見ていきたいと思います。

ぜひ、友達や家族にウンチクとしてお話ししてみてください。

建国記念の日って?

建国記念の日(2月11日)は、日本の国民の祝日の一つで建国をしのび、国を愛する心を養う日として1966年に提案が承認されて翌年の1967年に適用されました。

ワン太郎
ワン太郎
結構最近なんだね!

かつては建国記念の日ではなく『紀元節』と呼ばれていたのですが、その時には『紀元節祭』という催しが各地で盛んに行われていました。現在でもその名残で建国記念の日になると、神社などで建国祭などが開かれている地域があるそうです。

その辺りは、お住いの地域によって変わっていきますので調べてみるといいかもしれません。

建国記念の日の意味や由来って?

ワン太郎
ワン太郎
なんで2月11日なの?

祝日ってなんでこの日なんだろう?って気になりますよね。なぜ2月11日なのかと言いますと先ほど触れました紀元節というものが関係していきます。

紀元節とは、かつて2月11日に行われていた祝祭日のことです。明治時代に『日本の起源を祝日にしよう!』という動きがあり、その結果、日本の初代の天皇であります『神武天皇』の即位した2月11日を明治5年(1873年)を紀元節としました。日本書紀によると、日本の誕生日は『神武天皇』の即位した日と記述があるそうです。



しかしこの紀元節は、明治5年(1873年)に制定されてから昭和23年(1948年)まで続いていましたが、戦後になりますとGHQによって廃止されてしまいます。

GHQは、『紀元節を認めてしまうと天皇を中心として、日本が一致団結してしまい自国(アメリカ)の脅威になるのではないか』と危惧し、廃止になってしまいました。

ワン太郎
ワン太郎
そんなことがあったんだね

しかし、日本が独立を回復すると『紀元節を復活させよう!』という動きがありました。そしてこの動きの結果、紆余曲折ありましたが、紀元節の日を建国を記念にした日である建国記念の日に改めて1966年に提案が承認されて翌年の1967年に適用されました。

建国記念の日と建国記念日の違いって?

将軍
将軍
次は、建国記念の日と建国記念日の違いについて見ていきます

まずは建国『記念日』の方からいきますね!記念日というのは『歴史的に事実とされているその日を記念する日』という意味があります。

例えて言いますと、アメリカ合衆国の7月4日の独立記念日が挙げられます。この独立記念日はしっかりと歴史的事実として記録が残されています。

ワン太郎
ワン太郎
ということは…

そして『記念の日』というのは『その日にちは分からないけれどそのことを記念する日』という意味があります。

  • 記念の日:その日にちは分からないが、そのことを記念する日
  • 記念日:歴史的に事実とされているその日を記念する日

なぜ『記念の日』なのかと言いますと神武天皇は実在した方ではなく、神話上のみに登場するともされており、2月11日という日付もあくまで推測であるためこのようになっています。日本書紀では記述がありますが、正確なことが分からないため『記念の日』になっています。

なので建国記念日という記述は間違えということになります!

まとめ

日本の歴史を紐解いていくと面白いですよね。個人的な話、日本という国ができた日が単純に『建国記念の日』なのかなと思っていました。しかし、本当のところ、いつできたか正確には分かっていないなんて驚きですよね。



祝日はなぜ今日なのか、そこにどんな意味があるかを調べてみると、新しい発見があるかもしれないので調べてみると面白いですよ!

〜建国記念の日と建国記念日の違い〜
  • 記念の日:その日にちは分からないが、そのことを記念する日
  • 記念日:歴史的に事実とされているその日を記念する日