豆知識・雑学

こどもの日・端午の節句にすることは?食べ物やこいのぼりの意味や由来は?

将軍
将軍
こんにちは!将軍と言います!

5月5日は『こどもの日』や『端午の節句』としてお祝いされていますよね。これと対となっているのが3月3日の『ひなまつり』や『桃の節句』です。

5月5日は『こどもの日』や『端午の節句』ですが、意味や由来についてよく知らないという方が多いと思います。また、こいのぼりや兜を飾ったり、柏餅や粽(ちまき)を食べるのは何故なのか気になるところです。

この記事では、そんなこどもの日の気になる事柄についてまとめています。

『こどもの日』とは

こどもの日とは5月5日でありこどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝することを趣旨とした、子供達が元気に育ったことをお祝い・その子供を産んでくれた母にも感謝をする日です。

別名端午の節句とも呼ばれています。

ワン太郎
ワン太郎
なんで2種類の名称があるの?

元々は端午の節句として『男の子の健全な成長を祝う』という日でしたが、1948年に国民の祝日法によって『こどもの日』として定められました。

こどもの日という名称になった背景には、『こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する』ことを趣旨としたこと、『5月5日とこども』という言葉の語呂が良いというものがあります。

将軍
将軍
『こどもの日』がひらがな表記になっているのは、こどもたちが読みやすいようになっているからなんだよ。

『端午の節句』とは

続いて、こどもの日の元となっている『端午の節句』について見ていきます。端午の節句は、中国から伝わったとされる習慣です。

  • 節句とは:季節の節目のことで、古くからこの節目は邪気が入りやすいとされていて、供え物などをして邪気を追い払うという事が行われてきました。

この季節の節目である『節句』は、年に5つありそれぞれこのようになっています。

  • 人日の節句(1月7日)
  • 上巳の節句(3月3日)
  • 端午の節句(5月5日)
  • 七夕の節句(7月7日)
  • 重陽の節句(9月9日)

季節の節目には邪気が入りやすいという理由から、それを祓う催しなどをするのが通例となっています。



端午という言葉のそれぞれの文字の意味には、それぞれ『端』には『はじめ』、『午』には『5月』という意味があります。つまり、5月のはじめの午の日が端午ということになっていました。

しかしその後に、語呂が良いのと、分かりやすい、他の節句も同じように奇数だ、という理由から5月5日が端午の節句になりました。

こどもの日(端午の節句)にすること

次は、こどもの日(端午の節句)にすることについて見ていきます。主にこんなことをしますよね。

  • こいのぼりを飾る
  • 鎧や兜、五月人形を飾る
  • 粽(ちまき)や柏餅を食べる
  • 菖蒲湯につかる

恒例の行事ですが、考えてみると何故このようなことをするのか気になりますよね。この機会に覚えて、こどもたちに聞かれた際にはかっこよく説明してみましょう。

こいのぼりを飾る

こいのぼりを飾るのは、これもまた端午の節句と同じように中国が起源とされています。こんな話を聞いたことがないでしょうか。

  • 黄河の上流にある滝である『竜門』を登ることのできた鯉は竜になる

いわゆる鯉の滝登りというものですね。こういった経緯から、鯉の滝登りには立身出世と言って、高い地位について広くその名を知らしめるという意味が込められています。

江戸時代になると、武家では男の子が生まれるとその家の家紋が入った「のぼり」を飾るようになりました。これに対して商人たちは武士に対抗して、立身出世を願ってこいのぼりを飾るようになり、これが由来とされています。

将軍
将軍
鯉の色にも意味があって、黒は『父親』赤は『母親』青は『こども』を表しているよ。こどもが増えると緑や紫などを追加する家庭もあるみたい。
ワン太郎
ワン太郎
それじゃあ、こいのぼりの一番上についている『ひらひら』は?

こいのぼりの一番上についているものは『吹き出し』と言って中国の『五行説』というものが由来となっていています。五行説というのは、『全てものは、木・火・土・金・水の5つの要素からなっていて、それぞれが影響を与えあって、循環する』という考え方です。

この五行説に基づいて、「青=木」「赤=火」「黄=土」「白=金」「黒=水」を表しており、魔除けの意味があります。

鎧や兜、五月人形を飾る

鎧や兜には身を守るという本来の意味から、厄除けや強くたくましく育ってほしいという意味が込められています。武家社会において、神社に鎧や兜を奉納して安全を祈願したことが元となっています。



一方五月人形には、『成長と健康を願う』という意味とひなまつりの雛人形と同じように、こどもの身代わりになって厄を引き受けてくれるという意味があります。

粽(ちまき)や柏餅を食べる

ちまきを食べる風習の起源は中国にあります。

  • 楚の王族であった屈原(くつげん)という人物は、他の官僚の妬みにあい失脚、左遷されてしまいます。その後、屈原は無念のまま川に身を投げてその生涯を閉じます。その日は5月5日と言われています。

    その後、屈原の死を嘆き悲しんだ人たちが、屈原を供養するために最初は米を詰めた竹筒を川へ投げ込んでいましたが、川に住んでいると言われる龍蛟龍(こうりゅう)に食べられてしまうので、厄除け・龍が苦手と言われるに楝樹(せんだん)という葉で包み、五色の糸で巻けば食べられないようになったという話です。

こう言った経緯で、5月5日にちまきを作って、災いが起きないように厄除けをします。



一方で、柏餅を食べるという風習は日本で始まりました。柏餅に使われている柏の葉は『新芽が出るまで落ちない』ということでとても縁起が良いものでした。

このことから『子孫繁栄』『家系が途絶えない』という意味が込められています。

菖蒲湯(しょうぶゆ)につかる

菖蒲湯(しょうぶゆ)には厄除けの意味があります。菖蒲湯のもとになっている菖蒲には、強い香りがあり、それが邪気を祓うとされていました。その他にも季節の変わり目などの体調を崩しやすい時期には菖蒲湯に使っていたそうです。

また、武家社会へでは『菖蒲(しょうぶ)』は『勝負(しょうぶ)』と『尚武(しょうぶ)』とかけたり、その葉の形が刀に似ていることから、武を尊ぶという意味でも使われていました。

まとめ

5月5日の『こどもの日』や『端午の節句』、その日にすることについて見ていきました。

〜こどもの日まとめ〜
  • こいのぼり→立身出世、魔除け
  • 鎧兜・五月人形→厄除け、強くたくましく育ってほしい
  • ちまき・柏餅→厄除け・子孫繁栄、家系が途絶えない
  • 菖蒲湯→厄除け、武を尊ぶ

こうやって見ると、日本人って語呂合わせで決めることが多いですよね。こどもに聞かれた際は、ぜひ話してみてくださいね。