ガジェット

繰り返し使えるカイロ3タイプ!それぞれの特徴や使い方・おすすめを解説

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

厳しい寒さの中いかがお過ごしでしょうか。寒くなると手がかじかんでしまい細かな作業に支障がでてきてしまいます。そんな時は『カイロ』があると便利です。

しかし、カイロで真っ先に思いつくであろう『使い捨てカイロ』ですが、カイロはカイロでも今日では何回も繰り返し使えるカイロがあるんです!

ワン太郎
ワン太郎
繰り返し使えるカイロ!?

この記事では、その『何回も繰り返し使えるカイロ』にはどんなものがあるのか、その中でのおすすめはどれなのか見ていきたいと思います。

とてもおすすめですので参考にしてみてください。

何回も繰り返し使えるカイロにはどんな種類がある?

繰り返し使えるカイロにも種類がありますので、まずはそちらを見ていきましょう!

使い捨てのもの以外には『化学反応タイプのエコカイロ』と『レンジで温めるカイロ』と『充電式のカイロ』の3種類があります。

  • 化学反応タイプのエコカイロ
  • レンジで温めるエコカイロ
  • 充電式のカイロ

それぞれの特徴を箇条書きでまとめてみました。

化学反応タイプのエコカイロ
  • すぐに温まる(約40度程)
  • デザインが豊富
  • 値段は400円程
  • 再利用のための湯銭が面倒
  • 持続時間が短い(30〜40分ほど)
  • レンジで温めるエコカイロ
  • 電子レンジで温めるだけ
  • デザインが豊富
  • サイズによって持続時間が異なる
  • 電子レンジが必要
  • 充電式のカイロ
  • 充電をして使用する
  • 種類によっては温度調節も可能
  • 充電に3~5時間程度かかるが、カイロとして3~8時間使える
  • モバイルバッテリーとしても使える
  • それなりに高額になる(2000円〜3000円)
  • ワン太郎
    ワン太郎
    充電式のカイロが魅力的だね

    次の段落では簡単な使い方について見ていきます。

    化学反応タイプのエコカイロ

    この化学反応タイプのエコカイロは、カイロの中に入っている金属をパチッと押し込みますと、化学反応で熱が出る仕組みになっています。そこから30〜40分ほど熱を帯びます。

    使用して熱がなくなった後は、沸騰したお湯で15分程度煮込んで冷ますと最初の状態に戻り、再びカイロの中に入っている金属をパチッと押し込みますと使えるようになります。デザインも豊富なので気に入ったものを購入されるのが良いと思います。(探してみたらディズニーのものなどもありました。)



    使い捨てのカイロはその日ずっと使用するという形ですが、こちらの化学反応タイプのエコカイロは、ここぞというときにさっと取り出して使用する形だと思います。

    湯銭をして戻すのは若干面倒で、気軽に使うというものではないですが、経済的だと思います。

    レンジで温めるエコカイロ

    カイロと言うよりは、お湯を使わないタイプの湯たんぽに近いような感じがします。

    こちらは、電子レンジで数分温めるだけで使うことができます。こちらのものは30分~1時間程度温かさが持続しますが、大きいものだとさらに暖かさが持続します。こちらもデザインが豊富なので気に入ったものを購入されるのが良いと思います。

    しかし、電子レンジがないと使用することができません。出先では使う機会は少ないと思いますので、家で使うのが一番なのかなと思います。

    充電式のカイロ

    充電をするだけで使えるカイロです。物によってはモバイルバッテリーの機能を持ち合わせているものもあり、スマートフォンが普及している昨今では、大活躍すること間違いなしです。また、温度調節や急速発熱などの機能も備わっています。

    ただ、高機能の代わりに値段はそれなりにしますので注意です。(こちらのものは2000円程します。)しかし、何回も使ううちに使い捨てカイロの元をとることができます。

    おすすめは充電式のカイロ!

    個人的におすすめなのが充電式のカイロです!使い捨てカイロは使った後は、処分しなければいけませんし、自治体によっては処分方法も異なってきます。

    また、スマートフォンが普及している昨今では、大活躍すること間違いなしです。次の段落では充電式カイロのおすすめ3選を機能別にを紹介していきます。

    Deleaboa 電気カイロ

    先ほどの充電式カイロです。下に特徴をまとめてみました。

    • 急速発熱によって1分ほどで最大温度になる(60度程)
    • モバイルバッテリーの機能を備えている
    • 温度の強弱を切り替えることができる
    • デザインが良く色が『青・緑・金』の3色がある
    • 重量は200gでコンパクトなため、持ち運びが楽
    • お値段は2000円程

    カイロなんですけど、カイロではないようなこの感じが個人的に魅力的だと思います。使い捨てのカイロだと、温まるのに時間がかかりますが、こちらのものだとスイッチを入れてから温かくなるまでの時間が短いので、すぐに温まることができます。

    また、モバイルバッテリーの機能も備えられているので何かと便利です。値段の方の比較駅安価なので、初めての方はこちらを買うのが良いと思います。

    Alfway 充電式カイロ

    こちらも商品の特徴をまとめてみました。

    • 急速発熱によってすぐに温かくなる
    • モバイルバッテリーの機能を備えている
    • LEDライトが内蔵されている
    • 色は『ブラック・シルバー』の2色がある
    • 温度範囲によっては約6-7時間持続して使用することが可能
    • お値段は3000円〜4000円の間

    こちらはカイロだけでなく、モバイルバッテリーはもちろんのこと、LEDライトが内蔵されています。つまり1つで3つの役割ができる優れものです。

    普段使用するのも良いですが、登山やキャンプなどの時にも重宝しそうなのでおすすめです。

    SANYO 両面暖かい 充電式カイロ

    こちらの商品も特徴をまとめてみました。

    • 急速発熱によってすぐに温かくなる
    • 充電はもちろん、充電式電池の『エネループ』を使用することが可能
    • 付属品で電池がついている
    • 色は『ゴールド・シルバー・ピンク』の3色がある
    • お値段は14000円程

    こちらは、充電で使用するだけでなく、電池でもカイロとして働いてくれます。出先で使うことができなくなっても、電池を持ち歩いておけばすぐに使うことができます。

    しかし、お値段の方は結構するので購入される方は注意です。

    繰り返し使えるカイロまとめ

    使い捨てのカイロ以外にもこのような商品が出ているのは驚きですよね。繰り返し使えて経済的なので、そのうちこちらが主流になるのかもしれません。

    それぞれの特徴はこのような感じになっています。↓

    化学反応タイプのエコカイロ
  • すぐに温まる(約40度程)
  • デザインが豊富
  • 値段は400円程
  • 再利用のための湯銭が面倒
  • 持続時間が短い(30〜40分ほど)
  • レンジで温めるエコカイロ
  • 電子レンジで温めるだけ
  • デザインが豊富
  • サイズによって持続時間が異なる
  • 電子レンジが必要
  • 充電式のカイロ
  • 充電をして使用する
  • 種類によっては温度調節も可能
  • 充電に3~5時間程度かかるが、カイロとして3~8時間使える
  • モバイルバッテリーとしても使える
  • それなりに高額になる(2000円〜3000円)
  • 寒い冬にはカイロは必須級のアイテムです、自分のライフスタイルにあったものを選ばれてみてください。