ガジェット

Macの『プレビュー』で画像の背景を透過させる編集方法を解説!

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

Macの標準機能にある『プレビュー』には、様々な機能が備わっています。画像にテキストを追加したり、画像を合成させたり、矢印を追加したりと色々な事が出来ます。

その中で、画像を合成させる時に、そのまま合成させてしまうとその画像の背景が邪魔をしておかしなことになってしまうと思います。

Photoshopなどでも編集をする事が出来ますが、そんな時にもMacの『プレビュー』は役に立ちます。



今回は、Macの『プレビュー』を使って画像の背景を透過させる方法を紹介したいと思います。少しコツが入りますが、慣れるととても簡単にできると思いますのでぜひ使ってみてください。

画像の背景を透過させる手順

今回はこの鳥(コウノトリ)の画像を使って、背景を透過させたいと思います。

マークアップツールバーの表示①

画像の編集をするにはマークアップツールバーというものを使います。

まずは、背景を透過せたい画像を『プレビュー』で開きましょう。開いた後、画像の上部にある下の画像の矢印の先の部分をクリックしてください。





クリックすると『マークアップツールバー』が表示されます。この『マークアップツールバー』を使って基本的に編集をしていきます。

マークアップツールバーの表示②

マークアップツールバーの表示方法にはもう1つありますので、そちらも紹介したいと思います。こちらもまずは、背景を透過せたい画像を『プレビュー』で開きましょう。メニューバーより『表示』→『マークアップツールバーを表示』と進みクリックしてください。

『インスタントアルファ』を使う

『マークアップツールバー』の中にある『インスタントアルファ』のアイコンを選択し背景を透過させたいと思います。





透過させたい背景部分をドラッグすると、赤色の領域が表示されます。透過させたい部分、残したい部分を調節できたら、『コマンド+X』で切り取りをします。編集する画像がpng以外の拡張子(jpgなど)の場合は変換が必要となります。

この領域を区切るのに最初は戸惑うかもしれませんが、すぐになれると思います。



こちらが実際に背景を透過させたものです。

この画像は背景と鳥が綺麗に分かれているのでうまく背景を透過できましたが、画像によっては『インスタントアルファ』では事足りないので、次は細かい部分を調節していきたいと思います。

『選択ツール』を使う

細かい部分は『選択ツール』を使って調節していきましょう。

『選択ツール』の中にある、『長方形で選択』『楕円で選択』はそのままなので説明は省きますが、オススメの『投げなわ』と『スマート投げなわ』について説明していきたいと思います。

投げなわ

投げなわを選択した後に、ドラッグさせて下の画像のように点線で囲ませることによって、透過させる範囲、残したい部分を指定する事が出来ます。操作は難しいですが、細かい部分も調節できます。

スマート投げなわ

このスマート投げなわは、同じようにドラッグさせると、透過の範囲を指定できます。投げなわと違う点は、指定した範囲を自動的に透過させる点です。慣れてきたらこちらの方が便利かもしれません。

まとめ

Macの『プレビュー』は標準装備されているので、Macを持っていれば誰でも使う事が出来ます。お手軽に編集ができますのでぜひ使ってみてください。最初は使い方に戸惑うかもしれませんが使って行くうちに慣れていくと思います。

Macの使い方がすぐに分かるように、下の詳しい解説本などが手元にあると便利ですね。