食べ物

みかんの「白い筋」は食べた方が良い?名称や健康効果について解説!

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

皆さんは「みかん」は好きでしょうか。瑞々しくてビタミンCが豊富なみかんは、元々は冬の果物ですが、最近では品種改良などによって1年中スーパーなどで置いてあるので、気軽に食べることができるのが良いですよね。

そんなみかんですが、皮を剥いたときに、白い筋のようなものが気になったことはないでしょうか。

あまり美味しくないのでこの「白い筋を」取ってから食べるという方が多いと思いますが、実はこの「白い筋」には栄養がたっぷり含まれているんです!しかも、名前もしっかりとあるんですよ!

この記事では、みかんの「白い筋」に隠された素晴らしい効果について解説しています。

みかんの「白い筋」の名前

実はみかんの「白い筋」には名前があるんです!

みかんの海綿状・繊維状の「白い筋」は「アルベド」といいます。このアルベドは、みかんだけでなく、レモンなどの柑橘類の外果皮の内側に等しくついており、栄養や水分を運ぶ役割を担っています。ちなみに外果皮の外側を「フラベド」といいます。

名前の由来にはラテン語の「アルベド(albedo)」が関係しており、気になる意味は「白さ」を意味しています。

友人や家族との会話で何気なく「みかんのアルベドってとる?」みたいな会話をすれば楽しそうですよね。

「アルベド」は食べた方が良い?

みかんのアルベドはあまり美味しくなく、本体にいっぱいついているとちょっと気持ち悪いので取ってしまいがちですよね。しかし、実はこのアルベドには栄養がたくさん含まれているんです!

あんな細い繊維みたいなものに栄養なんて含まれている?」と思われるかもしれませんが、栄養や水分を運ぶ役割を担っていると言うことからも分かります通り、栄養が含まれています。

次の段落でどんな効果があるのか見ていきます。食べる前は必ず取っている、という方はこの機会に食べてみるのはいかがでしょうか。

「アルベド」の効果

まずはアルベドの成分について見ていきましょう!アルベドには食物繊維が豊富に含まれており、少し聴きなれませんが、「ビタミンP(ヘスペリジン)」というビタミンの仲間が含まれています。

ビタミンPは、ヘスペリジンやルチンといった成分の総称のことで、特に有名なのが上でもあげました「ヘスペリジン」です。ヘスペリジンはみかん由来のポリフェノールと言われており、健康維持のための栄養素として知られています。また、みかんに限らず柑橘類の中には豊富に含まれています。

では、アルベドの「ビタミンP(ヘスペリジン)」の効果について見ていきます。

便秘解消効果

アルベドには食物繊維が豊富に含まれていますが、その量は本体の約4倍も含まれています。豊富な食物繊維はそれだけで、便秘の解消に役立ってくれます。

血管を強化する働き

ビタミンPは、ビタミンCと協力して血管を丈夫にする・血行をよくする、血管の透過性をほどよく調節するという働きを持っています。

透過性が良くなりすぎてしまうと、高血圧や糖尿病といった症状が起こってしまう可能性があります。ビタミンPは、そういったことが起こらないように血管のメンテナンスを行ってくれるというわけです。

脂肪分解効果


ヘスペリジンには、中性脂肪を分解する働きを持っています。また加えて、悪玉コレステロール値の低下や肝機能改善効果も期待できます。

同様にみかんの皮(外果皮)にも脂肪分解作用があり、食べることでその恩恵を受けることができますが、皮の方は少し抵抗がありますよね。実際に食べてみても個人的にはあまり美味しいと感じられませんでした。よかったら食べてみてくださいね。

アレルギー症状の緩和

ヘスペリジンには、花粉症などのアレルギー症状を抑えてくれる作用があります。少し難しいですが、ヘスペリジンはアレルギー反応に対して、血管透過性を抑制する働きによってアレルギー症状を緩和するとされています。

手軽なもので、辛い花粉症の症状を抑えることができるのでとても嬉しいですよね!

まとめ

普段、みかんを食べる際には何気なく取っていましたが、こんなにも隠された効果があるとは驚きですよね。これを知ったしまうとこれからは取るわけにはいきませんね!

花粉症などのアレルギー症状にも効果が期待できるので、試してみるのもありです。ただ、苦手だという方は無視はしないでくださいね!

〜この記事のまとめ〜
  • みかんの海綿状・繊維状の白い筋は「アルベド」と言う!
  • アルベドには、便秘解消効果、血管を強化する作用、脂肪分解効果、アレルギー症状の緩和効果がある