プラグイン

ワードプレスに目次を表示させる方法は?プラグインで簡単に表示!

将軍
将軍
こんにちは!将軍と言います!

ワードプレスにある程度慣れてきますと、記事の見栄えなどを気にして、他のサイトやブログなどで表示させている『目次』を自分のワードプレスにも導入したくなると思います。私もその1人でした。

目次を表示させる方法は『Table of Contents Plus』というプラグインを使用すると簡単に記事内に表示させることができ、記事内のh1~h6の見出し用のHTMLタグに合わせて自動で目次を生成してくれます。

私もこのブログで使っていますが、自動生成をしてくれるので手動で何かの作業をする必要がなく、さらに記事内のどこに何が書かれているのかぱっと見で判断することができるのでとても便利です。

この記事では『Table of Contents Plus』の使い方について詳しく解説をしていきたいと思います。

Table of Contents Plusのインストール・有効化

早速『Table of Contents Plus』のインストール・有効化作業を行いましょう。プラグインは下の画像のものになります。

WordPress管理画面→プラグイン→新規追加→右上にTable of Contents Plusを入力→今すぐインストール→有効化

または公式サイトからダウンロード・インストールをします。

Table of Contents Plusの設定

Table of Contents Plusの設定は、WordPress管理画面→設定→TOC+の順に進むことで設定をすることができます。

基本設定

最初にTable of Contents Plusの基本設定を行います。この画面では、目次の位置・表示させる条件・どのコンテンツに自動で目次を表示させるかの設定・見出しテキストの設定をそれぞれ行います。



こちらの画面では、目次の階層表示・目次の番号振り・アンカーリンクにジャンプするかスクロールするかの設定・目次の外観を設定することができます。



デフォルトの目次とは違いますが『階層表示あり』か『階層表示なし』かの違いはこのようになっています。選択する際の参考にしてみてください。

基本設定(上級者向け設定)

この上級者向け設定は特に設定をする必要はないのですが、見出しレベルだけは設定をしておきましょう。

こちらで表示させたくない見出しレベルは、チェックを外して表示させないようにしましょう。

設定が終わったら設定を更新を忘れずに行ってください。

サイトマップ

サイトマップを表示したい記事にショートコードを貼り付けることによって、記事内にサイトマップを生成することができます。

『固定ページリスト』や『カテゴリリストを表示』にチェックを入れて、投稿画面で『sitemap』のコードを貼り付けることによって記事内に固定ページやカテゴリのサイトマップを表示することができます。

この機能を使わない場合は何も設定をする必要はありません。ちなみに私はこの機能は使ったことがありません。

Table of Contents Plusの使い方

目次を表示させるには、記事内にh1~h6の見出し用のHTMLタグを使う必要があります。このタグがないと目次が表示されないので気をつけてください。

ちなみにこの記事ではこのように↓HTMLの見出しタグが設定されています。初めて目次を表示させる時は、戸惑うことがあると思いますので、下のものを参考にしてみてください。

私も最初のうちはプラグインを入れてみたはものの表示の仕方が分からなくて大変でした。

まとめ

少し設定をするだけで、すぐに目次を生成することができるのでTable of Contents Plusはとてもおすすめです。

目次を表示させるには記事内にh1~h6の見出し用のHTMLタグを使う必要がありますので、忘れないように記述してください。記事を書いたら、その都度、投稿管理画面の右上の『プレビュー』で確認をするのが良いと思います。

また、見出し用のタグは階層的に表示させないとごちゃごちゃになってしまうのでこちらも注意してください。



目次は自分好みにカスタマイズをすることもできます。下のリンクから興味がある方はどうぞ!

Table of Contents Plusの目次をカスタマイズ!コピペでOK! 『Table of Contents Plus』はワードプレスに目次を自動生成してくれるプラグインです。機能は申し分ないですが、...