言葉

オノマトペとは?意味や語源、使い方について解説!オノマトペにはどんなものがある?

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

突然ですが皆さんは『オノマトペ』という言葉をご存知でしょうか。1度耳に入れたら、早々に忘れることがなさそうな言葉ですが、言葉からしてどんな意味があるのか見当もつきませんよね。

しかし、この『オノマトペ』皆さんも日常的に使っていることが多いのでないかと思います。意識せずに何気ない会話の中にもこの『オノマトペ』が含まれています。

この記事では、そんな『オノマトペ』の意味や語源、使い方について解説しています。

『オノマトペ』とは

『オノマトペ』の気になる意味は、擬声語・擬音語や擬態語のことです。

擬音語というのは、犬やニワトリの鳴き声、風の吹く音などを私たちが実際に耳にした時の言語表現のことで、「ワンワン」や「コケコッコー」、「ビュー」などがそれに当たります。

それに対して擬態語というのは、実際にその音はしませんが、その時の心情や状態を表す言語表現のことで、楽しい気持ちを表す「ワクワク」やかんかん照りの太陽を表す「ギラギラ」がそれに当たります。

  • 擬声語→「ワンワン」「コケコッコー」「ニャー」「ザーザー」
  • 擬態語→「ワクワク」「ウキウキ」「ピカピカ」「キンキン」
  • 擬音語や擬態語の総称を擬声語

色々な音、動物の鳴き声や生活音などをそれぞれ言語表現で表す擬声語、実際に音は出ていなけれどその時の心情や状態を表す擬態語、それが『オノマトペ』です。

『オノマトペ』の語源

次は『オノマトペ』の語源について見ていきましょう。なぜ擬声語・擬音語や擬態語のことをオノマトペというのか気になりますよね。

オノマトペは擬声語という意味を表すフランス語になります。この『オノマトペ』は、フランス語の言葉をそのままカタカナとして使っており、それのおかげか独特な言葉になっているようです。

英語では、『onomatopoeia(アナマタピーァ)』と発音をしますが、日本ではフランスから伝わった『オノマトペ』の方が親しまれていますね。



語源については古代ギリシャ語の「onomatopoiia(オノマトポイーア)」であるといわれています。

この言葉は2つの言葉が合わさったもので、『onoma』には名前という意味があり、『poiein』には作る意味があります。これらを合わせて『名前を作る』という意味で、現在は擬声語という意味になりました。

聞こえる音やその時の心情や状態を表すものは、人それぞれ感じ方が違いますよね。日本では犬の鳴き声は「ワンワン」ですが、アメリカでは「バウワウ」なので、『名前を作る』という意味もなんだかしっくりきます。

オノマトペにはどんなものがある?

海外でもオノマトペはたくさんありますが、日本はオノマトペの数がダントツであると言われています。

日常生活の中でも当たり前のように出てきますし、日本の文化に深く根付いていますよね。そんなオノマトペの中で『笑う』は種類がたくさんあるので表にまとめてみました。

オノマトペ(擬声語・擬音語や擬態語) 意味
にやにや 意味ありげに薄笑いを浮かべる様子
くすくす 静かに笑う様子
にたにた 気味が悪く笑う様子
けらけら 甲高い声で笑う様子
にこにこ 楽しそうに笑う様子
へらへら だらしなく、しまりなく笑う様子
げらげら お腹を抱えて笑う様子
ころころ 可愛らしい様子で笑う

パッと思いつくだけでも『笑う』のオノマトペに関しては8種類もあります。調べてみたらもっとありそうですよね。

オノマトペで古今東西ゲームなんかも面白そうです。

オノマトペの達人

日本語にオノマトペは数ありますが、その中でもオノマトペを多く使用した作家で宮沢賢治がいます。オノマトペを嫌う作家の方々もいたようですが、宮沢賢治著の『注文の多い料理店』や『どんぐりと山猫』では数多くのオノマトペが出てきます。

  • 二人はその香水を、頭へ ぱちゃぱちゃ振りかけました。
  • なんでも構はないから、早くタンタアーンと、やつて見たいもんだなあ。
  • ずんずん廊下を進んで行きますと、こんどは水いろのペンキ塗りの扉がありました

-宮沢賢治著『注文の多い料理店』より引用

こういった作品を読んでいてにオノマトペを見かけたときに、自分だったらどんなオノマトペで表現するか考えながら読んでみると面白いですね。

それにしても『タンタアーン』はすごいですよね。

まとめ

オノマトペは、自身の感性によって新たに新しいオノマトペをつくり出すことができます。人によって音の捉え方などは違いますからね。

何気ない会話の中にもこの『オノマトペ』が含まれているので、それほど私たちの生活にも染み付いている、日本の文化ということですね。

〜この記事のまとめ〜
  • オノマトペは、擬声語・擬音語や擬態語のこと
  • オノマトペはフランス語で、英語ではアナマタピーァ
  • 語源は古代ギリシャ語の「onomatopoiia(オノマトポイーア)」→名前を作るという意味