豆知識・雑学

お疲れ様ですは目上の人には失礼?ご苦労様ですとの違いや使い方について

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

日本語の使い方ってとても難しいですよね。家族や友人であれば多少の言い間違いであれば気になりませんが、これが上司や目上の人に対してですととても気になると思います。

その中で『お疲れ様』という言葉は仕事終わりの挨拶などに使う場面があると思います。この『お疲れ様です』という言葉は気軽に使えるからこそ、上司や目上の方に対しての使い方として不安になることもありますよね。

考えすぎかなとも思うのですが、私が上司に対して『お疲れ様でした。』と挨拶をした時に結構むすっとして返すってこなかったという経験があります。(忙しかったとかもあったかもしれません。)



また、同じような言葉で『ご苦労様です』という言葉もあります。この記事では『お疲れ様です』や『ご苦労様です』の気になる使い方についてまとめてみました。

お疲れ様ですはどんな時に使う?

『お疲れ様です』は労いの言葉として、作業が一段落したり、会社で同僚とすれ違ったりする時に使ったりしますね。

また『お疲れ様です』の他にも退社する際は『お疲れ様でした』やフランクに『お疲れ様』などを使う場合があります。

お疲れ様ですは失礼?

労いの言葉として使われるものなので、基本的に目上の人が目下の人に対して使う言葉であると思われていることがあります。その辺りから『失礼なんじゃないの?』と考える方がいるかもしれません。

しかし、『お疲れ様です』は失礼な言葉ではありません。秘書検定でも上司に対して『お疲れ様』という言葉を使うように解説がされています。



ただ、注意点として目上の方と言っても同じ会社の上司の方に対して使うようにしましょう。ビジネスマナーとして他の会社の方、取引先やお客様などに対しては失礼とされています。

お客様に対してもあまり使わない方が良いですが美容室などでは『お疲れ様です』が定着していますね。

また、同じように同じ会社の上司でも気にされる方がいるかもしれません。その方に対しても『お疲れ様です』は控えた方が良いかもしれません。以前にタモリさんもこのことについて言及していました。本人は単純に労う気持ちで言っていてもこうした世代間ギャップが、邪魔をしていますね。

お疲れ様ですとご苦労様の違いは?

お疲れ様ですという言葉の他に『ご苦労様です』という似た言葉があります。こちらは完全に使い方が確定しているようなので使い間違えには注意しましょう。



『ご苦労様です』は目上の人が目下の人に対して使われる労いの言葉とされています。上から使う言葉なので上司に、ましてや社長に対して『ご苦労様』と言わないように気をつけましょう。

まとめ

日本語は複雑な部分が多いので、言葉の言い回しが難しいですね。難しいだけであればまだいいのですが、間違った使い方で人間関係が悪化してしまうこともあるので気をつけたいところです。

この記事の『お疲れ様』は世代間によって感じる部分が違うので、その時々に応じた適切なものに自ら判断して言い回しを変えていく必要がありそうです。

私のこの記事も間違っている箇所があるかもしれません。少しでも言葉に不安を覚えたらこまめに調べる癖をつけた方がいいかもしれませんね。