豆知識・雑学

体育の日の意味や由来、名称変更などの気になる事柄を解説!

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

国民の祝日である体育の日、またはその前後で多くの学校では『運動会』が開催され大変活気のある日になりますね。なんとなく体育の日があるんだなぁと日々を過ごしていますが、なぜ『体育の日』と言われているのか気になりますよね。(体育の日、なぜあなたは体育の日なの、といった感じで。

この記事では、そんな『体育の日』の意味や由来、2018年の体育の日はいつになるのか、2020年の名称変更について見ていきたいと思います。

体育の日とは?

体育の日はスポーツにしたしみ、健康な心身をつちかうことを趣旨とした国民の祝日のことです。



もともとは10月10日に固定されていた体育の日ですが、2000年からのハッピーマンデー制度という制度が実施されたことにより10月10日から10月の第2月曜日へと変更となりました。なので、2018年の体育の日は10月8日ということになります。

〜ハッピーマンデー制度とは〜
  • 一部の国民の祝日である日を月曜日に変更させ、土曜日・日曜日・月曜日合わせて3連休として、余暇を過ごしてもらおうという趣旨で制定された制度。

このハッピーマンデー制度には、もともと制定していた祝日をなんの関係もない日に設定をしたということでの批判や、3連休はとにかく嬉しいといった意見もあります。個人的には3連休はとても嬉しいです、記念すべき日を大事にしたいという思いは分かる気がします。



そして、この記念すべき日というのが体育の日という名称がつけられた理由になります。次の段落で見ていきましょう。

体育の日の由来

気になる体育の日の由来は、1964年日本で最初に開催されたオリンピックである、東京オリンピックの開催日が10月10日ということに由来があります。そしてスポーツにしたしみ、健康な心身をつちかうことを趣旨とした法律が制定され10月10日を体育の日となりました。



しかし、前述の通り2000年のハッピーマンデー制度が施行されたことにより、10月10日から10月の第2月曜日へと変更となりました。ですので体育の日になるのは10月10日はもちろんのこと、その前後5日あたりになるという訳になります。

体育の日ではなくなる?

そんな体育の日ですが、名称を変更するという動きがありました。

2017年(平成29年)の段階で、超党派の国会議員でつくるスポーツ議員連盟により体育の日』を『スポーツの日』に変更する改正法案を国会に提出する動きがありました。その結果、2018年6月13日に改正祝日法が参議院本会議で可決・成立し、2020年東京オリンピックの開催される2020年より『体育の日』は『スポーツの日』へと変更されることになりました。

  • 2020年より『体育の日』は『スポーツの日』に変更される

まとめ

1964年日本で最初に開催されたオリンピックである、東京オリンピックから由来し、10月10日に制定された『体育の日』はハッピーマンデー制度を経て、10月の第2月曜日へと変更となりました。

この制度の背景には、土曜日・日曜日・月曜日合わせて3連休として、余暇を過ごしてもらおうという趣旨があり、これを通してよりスポーツに親しむ機会が増えたなと感じました。また、2020年の東京オリンピック開催に合わせて、2020年より『体育の日』は『スポーツの日』へと変更が決まりました。

この記事では体育の日に触れてみましたが、こうやってみると自分の知らない歴史が色々あるんだなと感じました。体育の日に限らず気になったものはこうしてまとめていきたいと思います。