言葉

『製作』と『制作』の違いって?気になる違いを解説!

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

突然ですが『製作』と『制作』の違いってご存知でしょうか。この2種類の熟語があるのは知っているけど、いざ意味を尋ねられるとわからないという方は多いと思います。

ワン太郎
ワン太郎
う〜ん

言葉で伝える分には困らないですが、文章で書くとなると『どっちだっけ?』となることがあると思います。

この記事で『製作』と『制作』の違いについてしっかりと頭に入れておきましょう!

製作の意味

将軍
将軍
まずは『製作』の意味について見ていきましょう!

こちらの『製作』は主に物品・道具や機械などの形あるもの・消耗品を作る時に使用します。この言葉を使用するときは『○○製作所』や『○○製鉄所』などの『製』がつくものをを思い出すと分かりやすいかもしれません。

『製作』を使った簡単な例文を3つ作ってみました。

〜『製作』を使った例文〜
  • 大量生産で、文房具を製作した
  • パーツが集まったので、早速製作に進もうと思います
  • 私の仕事は主にパソコンの部品を製作します

製作は実用的なものを作るという意味で頭の中に入れておきましょう!しかし、例外もありますのでそちらは後ほど紹介していきます。

制作の意味

ワン太郎
ワン太郎
次はこっちの『制作』だね

こちらの『制作』は絵画や工芸品などの芸術作品を作る時に主に使用されます。『製作』とは違い実用的なものではなく、芸術的・美術的なものに対して使用します。

『制作』を使った簡単な例文をこちらも3つ作ってみました。

〜『制作』を使った例文〜
  • 美術室での絵画の制作も大詰めに入った!
  • 大学友達との卒業記念に旅行動画を制作した
  • 彼はテレビの制作会社に勤めているらしい

制作は芸術的・美術的なものに対して使用するという意味で頭の中に入れておきましょう!

『製作』と『制作』のややこしい点

将軍
将軍
ここまでをまとめてみるよ!
  • 製作:機械など実用的なものを作るときに使用する
  • 制作:芸術的・美術的なものを作るときに使用する

ここまでだとあまりややこしくはないのですが、これが映画やテレビ番組などになるとややこしくなってしまいます。(アニメやゲームなども)

上の説明で考えれば芸術的・美術的なものを作るときに使用する『制作する』なのですが、作品を実際に作る人や会社のことを『制作者』と呼び、その映画作りのための資金調達や宣伝などに携わる人や会社は『製作者』と呼びます。

ワン太郎
ワン太郎
う〜ん、確かにややこしいね

しかし、これらの使い方は明確に分かれておらずウィキペディアによるとテレビ局はこのようになっています。

テレビ番組では「製作」と「制作」の使い分けはさほど厳格ではなく前述の「製作著作」と「制作著作」の例のように局により方針が分かれている。2007年8月現在、在京キー局の中で「制作」表記を主に使用しているのがフジテレビ・テレビ朝日・NHKであり、一方の「製作」表記を主に使用しているのが日本テレビ・TBSテレビ・テレビ東京となっている。

製作 Wikipedia

昔から決まっていることもあるので、一概にはこれは正しい・正しくないとは言えないようです。『映画やテレビ番組』などで使用するには少し注意が必要そうですね。

まとめ

日本語は難しいですが、こうやって調べてみると面白いものばかりです。映画やテレビ番組が終了して、制作(製作)会社などを注視してみると面白いですよ!

『製作』と『制作』の違いをまとめますと下のような感じになっています。

  • 製作:機械など実用的なものを作るときに使用する
  • 制作:芸術的・美術的なものを作るときに使用する

使い分ける際の力になったら幸いです。最後までありがとうございました!