豆知識・雑学

節分の日に豆まきをするのはなぜ?気になる意味や由来について解説

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

節分に日には『鬼は外!福は内!』と言いながら豆をまいたり、恵方巻きを食べたりしますよね。

小さい頃からやっているこの行事ですが、なぜ節分の時に鬼が来て、鬼に向かって豆をまくのか、その意味についてよく知らないという方も多いと思います。

この記事では、そんな節分の気になるアレコレについて調べてまとめてみました!

節分の意味や由来って?

まずは、節分の意味や由来について見ていきましょう!



節分には季節を分けるという意味があり、季節が変わる前日の日のことを指しています。この季節の分かれる日をそれぞれ、春であれば『立春』夏であれば『立夏』秋であれば『立秋』冬であれば『立冬』と言います。

ワン太郎
ワン太郎
それじゃあ、節分の日って4つあることになるよね。

節分の日は4つありますが、室町・江戸時代ごろになると冬から春に季節が変わるこの時期『立春』は、新年を迎えるのと同じくらい大事な時期、今で言う大晦日と同じような意味があるとされ、今日の節分の日につながりました。

なので、節分の日は『その年の立春の前日の日』となります。『2月3日』に節分が行われることが多いので、勘違いしてしまうかもしれませんが まれに『2月2日』や『2月4日』になる日もあります。

ちなみに2019年の節分の日は『2月3日(日曜日)』になります。

節分の日に鬼が来るのは?

節分の日にはなぜか、鬼が来て豆をまいて撃退しますよね。鬼の仮面をつけて子供の前に現れたお父さん方もいると思います。次は、節分の日に鬼が来るのかを見ていきましょう!



節分には季節を分けるという意味があることを先ほど説明しました。

古くからこの季節の変わり目には、邪気が入りやすいとされており、それらを追い払うために悪霊払いなどの行事が開かれていました。平安時代では、この邪気を払って福を呼び込むと言われる追儺(ついな)と呼ばれる『鬼払いの儀式』が大晦日に宮中で行われていました。

この『追儺(ついな)』が節分のルーツとされています。

節分の日に豆をまくのは?

邪気(鬼)を追い払うというのは分かりましたが、追い払うのに豆を使うのは『?』ってなりますよね。次は、この豆について見ていきましょう。



豆、穀物には古くから魔除けや、神聖的なものとして信仰されていて、神事にもよく使われていました。また、語呂合わせで『魔目(まめ)』を鬼の目に投げつけて鬼を退治する『魔滅(まめ)』という漢字があてられていて、豆を鬼に当てて退治していたと言われています。

つまり、豆というのは神聖的なもので邪気を追い払うために適したものだということになります。

節分の豆をまく方法は?

私の家では、豆をまくのに特にルールなどはなく適当にまいていましたが、どうやらまく際にもポイントがあるようです。下にポイントをまとめてみました。

  • 豆は炒ったもの(福豆)を使う
  • 豆をまくのは鬼が活動すると言われる夜に行う
  • 豆をまくのはその家の『主人』もしくは『年女・年男・厄年の人』が行うと縁起が良い
  • 『鬼は外』で部屋から外へ豆を投げ、窓を閉めてから『福は内』で部屋に向かって豆を投げる
  • 部屋の奥から豆をまいていき、玄関にもまく
  • 豆まきが終わったら、自分の年齢+1の豆を食べる

ポイントをまとめてみました!

豆まきの際の豆は炒ったものを使うと言われており、生の豆を使ってしまうとそこから芽が出てしまう可能性があります。この芽が出てしまうのは、縁起が悪いと言われており、そこから豆は炒ったものを使うということが定着しました。

また、豆を炒ることで魔の目を射るという意味にも通じるとも言われています。

豆まきが終わった後の『自分の年齢+1の豆を食べる』というのは新年の厄払いの意味があります。

まとめ

節分の意味や由来、豆まきについてまとめてみました。

豆は神聖的なもので、邪気を追い払う力があるなんて初めて知りました。普段何気なく行っているものも、その起源や由来などを調べてみると面白いですね。

豆まきにはルールやポイントなどもあるようですが、今では曖昧になっているので特に気にする必要もないかもしれません。家族揃って、楽しく豆まきをするのが良いと思います。