豆知識・雑学

七五三はいつ?『数え年』か『満年齢』のどっち?七五三について解説!

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

小さいお子さんがいらっしゃる家庭では、秋に楽しみな行事がありますね。そう七五三ですね!しかし、七五三をいつやるのかご存知でしょうか。七五三というからには7歳・5歳・3歳のそれぞれでやると思われがちですが、実はそうではないんです。

ちなみに男の子、女の子でもお祝いをする年齢が違います。(私も知りませんでした。←)

この記事では七五三に関してのあれこれを解説したいきたいと思います。

七五三とは

七五三とは7歳・5歳・3歳の子どもの成長を祝う日本の年中行事のことです。

現代は医療や科学の発展で小さい頃に亡くなる子供は減少しましたが、昔では幼くして亡くなる子供が多かったため、このような行事を開いて、子供の健康と成長を祈願するようになったと言われています。

その祈願が11月15日(1681年12月24日)に徳川徳松という人物が健康を祈って始まったとされ、今日の11月15日の七五三に繋がっていると言われています。



現在では七五三という名称のように、その年になったら行われる行事になっていますが、元々はそれぞれ異なった行事3つでした。それらが合わさり今日の『七五三』になりました。異なった行事3つは以下の通りになります。

元々の3つの行事
  1. 3歳→髪置の義(かみおきのぎ)』:髪を伸ばし始める。男女問わず行う儀式で、江戸時代は3歳まで丈夫な髪が生えてくるように髪を剃る習慣があり、それを終了するという儀式。
  2. 5歳→袴着の儀(はかまぎのぎ)』:男子のみが行う儀式で、これからは袴を着用し始めるという儀式。
  3. 7歳→帯解の義(おびときのぎ)』:女子のみが行う儀式で、これからは大人と同じように幅広の帯を使うようになるという儀式。

七五三では何をするの?

対応した年になりました11月15日に、近隣の神社やお寺などに参拝して成長と健康に過ごせたことを感謝、これから先の健康を祈ります。それに合わせて写真館などで記念撮影をしたり、お祝いの食事をとります。

しかし、この11月15日は平日の日が多いため10月か11月の土日祝日に行う家庭が多いです。有名な神社など行う場合は混雑する可能性が大いにありますので、小さいお子さんの負担にならないように気をつけましょう。

男の子と女の子で何歳でやるかが変わる?

上記の通り、男女で行なう行事、男子のみで行なう行事、女子のみで行なう行事があります。しかし、これは地域ごとで異なり性別問わず3つの行事をすべて行う地域もあるとのことです。

基本的には下記のようになっています。

  • 3歳→男女
  • 5歳→男子のみ
  • 7歳→女子のみ

七五三の年齢は数え年?満年齢?

七五三は3歳・5歳・7歳で祝いますが、年齢には数え年と満年齢の数え方があります。

  • 数え年:生まれた年を一歳として、新年のたびに一歳を加えて数える方法
  • 満年齢:生まれた日や基点となるものを『0』として数える方法

簡単に言いますと0か1かどっちから数えるかということになります。ちょっとややこしいですよね。

この年齢の数え方には昔は数え年で数えて祝うことが多く、現代では満年齢で数える家庭が多いようです。その辺りは家庭の事情に合わせて対応していきましょう。また、年齢が近い兄弟で、上の子供が満年齢(数え年)で下の子供は数え年(満年齢)で一緒に祝うというケースも多いようです。私の家庭でもこれだったようです。



それに合わせて早生まれの子(1〜3月生まれ)の方の数え年か満年齢のどちらでやるのかが気になりますが、こちらもどちらで構わないとのことです。

というよりも地域や家庭で違ってくるため、この問いの正解はないようです。

七五三の際の持ち物

七五三の際の持ち物リストを作成してみました。あくまで一例なので参考までに確認してみてください。

  • 祈祷の謝礼(玉串料・初穂料)
  • 巾着
  • こどもの着替えの洋服・靴・靴下
  • カイロなどの寒さ対策ができるもの
  • ヘアピン
  • 小さいお菓子
  • ウェットティッシュ
  • タオル

こんなところでしょうか。11月あたりは寒さも増してくるので寒さ対策は必須です。また、ヘアピンやタオルなどは髪型や着物がずれた際に重宝しますので必ず持っていくようにしましょう。

まとめ

七五三の由来や知識を知ることができました。前述の通りほとんどは地域や家庭の事情に合わせるのが一般的のようです。その時々に応じて臨機応変に対応していきましょう。

また、両親に相談をしたり、その道のプロの方に聞くのもありですね。せっかくの子ども達の晴れ舞台なので、記憶に残るようにいいものにしていきましょう。