ライフスタイル

自宅でも使える暖かい・軽いおすすめ寝袋(シュラフ)5選!

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

寝袋はキャンプなどに使うのはもちろんですが、自宅で使うのもとてもおすすめです。一人暮らしの際のベッドや布団の代わりにもなりますし、何より軽くて暖かいです。

寝袋だけでは防げない寒さの場合は、寝袋と毛布などを併用して使うこともできますね。また、ちょっとしたブランケットとしても使うことができますし、使わない場合であればコンパクトにしまうこともできます。

自宅でも使う方は増えているようですので、気になっている方はぜひ参考にしてみてください。

DesertFox 寝袋

  • 使用時のサイズ:220cm(縦)×75cm(横)
  • しまった時のサイズ:42cm(縦)×24cm(横)
  • 重量は:1kg・1,4kg・1,8kgから
  • 洗濯機で丸洗いが可能
  • お値段は約2,500円

寝袋単体で使うのは背中や腰にくると思いますので、使う際はセットでマットか何かを使った方が良いです。

ふわふわでしまうのは最初は戸惑うかもしれませんが、慣れてくると入れやすいと思います。本格的な登山では少しかさばるかもしれませんが、家で使う分にはコストパフォーマンスも良くて使い勝手も良いと思います。

コールマン 寝袋パフォーマー

  • 使用時のサイズ:190cm(縦)×80cm(横)
  • しまった時のサイズ:41cm(縦)×24cm(横)
  • 同モデル同サイズ同士で連結をすることが可能
  • 洗濯機で丸洗いが可能
  • お値段は約3,500円

寝袋にはファスナーがついているのですが、これがたまに食い込んでしまうことがあります。しかし、この寝袋はうまい具合にファスナーが改良されています。さすがコールマンは製品の品質が高いなと感じました。とてもおすすめです。

Tooge 寝袋

  • 使用時のサイズ:210cm(縦)×80cm(横)
  • しまった時のサイズ:35cm(縦)×20cm(横)
  • 重量は:2,7kg
  • 連結が可能
  • お値段は約2,500円〜8,000円

一番重量のあるサイズは羽毛布団さながらのフワフワ感が半端ないです。しかし、しまうのは中々苦労しますので慣れる必要がありますが、とてもおすすめです。災害などがあった際にも役立つこと間違いなしです。

OUTERDO 人型寝袋

  • 使用時のサイズ:206cm(縦)×72cm(横)
  • しまった時のサイズ:26cm(縦)×20cm(横)
  • 重量は:1,2kg~1,3kg
  • 寝袋を着たまま動くことができる
  • お値段は約5,000円

商品紹介の方がウキウキで笑ってしまいますね。でも、これを着たらウキウキになる気持ちもわかる気もします。これを着て布団に入れば楽ですし、パジャマと合わせてればかなりの防寒対策ができます。また、着たまま自由に動ける点もおすすめポイントです。

キャプテンスタッグ 封筒型シュラフ

  • 使用時のサイズ:185cm(縦)×75cm(横)
  • しまった時のサイズ:38cm(縦)×20cm(横)
  • 重量は:939 g
  • 安い
  • お値段は約1,200円

この寝袋はとにかく安いです。買ってみたはいいものの使わなくなってしまったら目も当てられませんが、この値段であれば精神衛生上少しは良いと思います。また、安いだけでなくしっかりと暖かいのでおすすめです。初めて買うという方はこちらが良いのではないかと思います。

まとめ

実際に買ってみてもしよかったら高いものにシフトしていくのが良いのかなと感じました。なので最初は一番安いもので様子を見て『おっ!』となったら次のものに進む感じですね。

ぜひ、購入する際は参考にしてみてください。