ガジェット

スマホの充電のしっぱなしは悪影響がある?気になる真偽についてまとめ

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

皆さんはスマートフォンの充電をするときに守っていることなどがあるでしょうか。

  • 『100%になったらすぐに充電を止める』
  • 『充電のしっぱなしはバッテリーが減ってしまう原因になる!』
  • 『充電は0%になってからする!』

あくまで例になりますので、気にしないでください。

などなど例を挙げてみましたが、私の場合は『100%になったらすぐに充電を止める』ということを守っていました。なので、スマートフォンを充電しながら寝るということをしませんでした。ですが、調べてみますとこの行動にはあまり意味がなかったようです。

この記事では、そんなスマートフォンの充電のしっぱなしや充電のあれこれについてまとめてみました。

スマホは充電しっぱなしでも大丈夫!

ずばりスマートフォンは充電をしっぱなしにしても大丈夫だそうです。つまり、寝ている間充電をしていても問題がないということになります。

最新のスマートフォンやタブレットは随分と賢くなりました。最新のモバイル機器には、過充電を防ぐために100%まで充電されると自動的に給電が止まるよう保護回路が搭載されています。そのため、充電ケーブルを挿したままでもバッテリーへの影響はほぼありません。そして満充電になった後は、微量な電流を流し続け、常に満充電の状態をキープできるように設計されています。また、モバイル機器によっては充電が80%まで達すると電流を弱めバッテリーへの負荷を減らす機能なども存在しています。

知っているようで知らない、バッテリーの話より引用

以前であれば、充電をしたままにしておくとフル充電と放電を繰り返してバッテリーが劣化するという事もあったらしいのですが、今日のスマートフォンは改良に改良がされており、こういった不具合が起こらないようになっています。



なので、スマートフォンのバッテリーのもちが悪くなってしまうのには他に原因があるというわけになります。

バッテリーの平均寿命は?

スマートフォンのバッテリーの寿命はキャリアが2年縛りの契約をしていることから2年くらいと言われていますが実際にはどうなんでしょうか。

スマートフォンに搭載されているリチウムイオン電池の寿命はスマートフォンが100%まで充電された後、完全に充電切れになるまでを1充電サイクルと数えて約400回の充電サイクルと言われています。

また、100%の量を使い切ることで1サイクルとカウントされますので、10%使用した後に10%を充電しても、充電のサイクルとしては1サイクルではなく0.1サイクルとして扱います。

使用する環境にもよりますが、1年半〜2年くらいだとされています。

バッテリーを長持ちさせるには

バッテリーが減ってしまう原因には、充電のしっぱなしは関係がないことが分かりましたが、何が原因になっているのか気になりますよね。

スマートフォンのバッテリーの持ちを良くするために下のことを守って使用してみてください。

  • 夏の暑い時期には充電しながら寝るのは控える
  • 1週間に一回は定期的に電源を切るようにする
  • バッテリー残量は約40%〜80%を維持して使うようにする

暑い環境ではバッテリーにかかる負担が大きくなってしまうので、いくら充電しっぱなしが大丈夫でも控えるようしましょう。また、定期的に電源を切ることによってバッテリーへの負担が減らせるので、寝ているときなどのスマートフォンを使用しない時間に電源を切るようにしましょう。

まとめ

スマートフォンは日々進化しているので、昔聞いた知識が今では全く違うということもあります。ある程度時間が経ったら、公式サイトなどを開いて使っているスマートフォンの情報を集めると良いと思います。



iPhoneをお使いの方はこちらの記事もおすすめです。↓

iPhoneの電池の減りが早いと思った時に確認・設定したいこと 最近のスマートフォンは長時間使用していても充電せずに持ち運びができるよう改良がされていますが、それでも電池の減りが早いなあと感じ...