豆知識・雑学

賞味期限と消費期限の違いって?意味を理解して節約に役立てよう!

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

食品や食材を購入するときは、なるべく賞味期限と消費期限が買った日から長いものを選びますよね。または、この期限が短いもので通常のものよりも安く購入するかのどっちかだと思います。

しかし、この賞味期限と消費期限の違いってご存知でしょうか。何となくの意味は知っていても細かいところまで知っている方は中々いないのではないかと思います。私は何かを購入するときにこの期限がなるべく長いものを買えばいいんだなぁ具合の感じでした。



この記事ではそんな賞味期限と消費期限の気になる違いについてまとめてみました。この違いを知ることによって節約にもつながると思いますので、スーパーなどで購入する際にこの知識が役立ってくれたら幸いです。

賞味期限と消費期限の違いって?

賞味期限と消費期限の違いをざっくりと説明しますと、賞味期限がその食材の品質などが変わらずに美味しく食べられる期限を示したもので、消費期限がその食材を安全に食べることができる期限を示したものになります。

  • 賞味期限:食材の品質などが変わらずに美味しく食べられる期限を示したもの
  • 消費期限:食材を安全に食べることができる期限を示したもの

似ているようで似ていないのでちょっとややこしいですが、使われている漢字を見れば少しは判断がつくのかなと思いました。賞味期限の『味』が味を示すもので、消費期限の『費』が消費することを示すといった感じですね。

次の段落では、もっと掘り下げて両者の違いを見ていきたいと思います。

賞味期限とは

賞味期限についての詳しい記載が農林水産省のホームページに記載されていました。

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のこと。スナック菓子、カップめん、チーズ、かんづめ、ペットボトル飲料など、消費期限に比べ、いたみにくい食品に表示されています(作ってから3ヶ月以上もつものは「年月」で表示することもあります)。この期限を過ぎても、すぐに食べられなくなるわけではありません。もし、賞味期限が過ぎた食品があったら、大人の方とそうだんしてから食べましょう。
食品は表示されている保存方法を守って保存しておくことが大切です。ただし、一度開けてしまった食品は、期限に関係なく早めに食べるようにしましょう。

消費期限と賞味期限 農林水産省より引用

賞味期限とは、未開封のものでその食品に記載されている適切な保存方法を守った際に美味しくいただける期限というものでした。ただ、美味しく食べられるという期限を示しただけなので、多少なりとも過ぎていても問題がないそうです。

しかし、多少は問題がないからと言って開けたものをいつまでも保存しておくのはやめておきましょう。

ワン太郎
ワン太郎
何が起こるかわからないからね!

開けたものはなるべく早く消費するように心がけましょう。

消費期限とは

消費期限についての詳しい説明も農林水産省のホームページに記載されていました。

袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「安全に食べられる期限」のこと。お弁当、サンドイッチ、生めん、ケーキなど、いたみやすい食品に表示されています。

消費期限と賞味期限 農林水産省より引用

消費期限とは、未開封のものでその食品に記載されている適切な保存方法を守った際に安全にいただける期限というものでした。

こちらは賞味期限とは違い、記載された期限がすぎてしまった場合は食べるのはやめましょう。味とは違いこちらは『安全』を示すものなので、消費期限を過ぎてしまったものは危険だと言えます。

季節によって消費期限・賞味期限は変わる?

季節によっては食材や食品の痛んでしまう速度が違います。夏と冬では圧倒的に夏の方が圧倒的ですよね。

賞味期限はあまり聞きませんが、消費期限での有名どころが『食パン』だと思います。冬の場合はそれほど気にすることもないのですが、夏の場合は2〜3日でカビが生えてしまうため、冷凍保存などの対策が必要になっていきます。

記載されている消費期限・賞味期限であっても季節によっては、多少は左右されてしまうので注意です。

消費期限・賞味期限がないものがある

消費期限・賞味期限がないものがあるのはご存知でしょうか。ないと言うよりは特に長期保存が可能なものには賞味期限を省略することができると言うこということになります。例を挙げますとこのような感じになっています。

  • ガム
  • はちみつ
  • アイスクリーム
  • 昆布
  • お酒
  • 砂糖

結構ありますよね。何かに役立つかもしれないので覚えておくと良いかもしれません。

まとめ

賞味期限と消費期限には似ているようで似ていない明確な違いがありました。しかも、この違いは自身の健康状態にも影響があるので期限をしっかりと確認してから食べるようにしましょう。

賞味期限と消費期限の違いは以下のものになります。

  • 賞味期限:食材の品質などが変わらずに美味しく食べられる期限を示したもの
  • 消費期限:食材を安全に食べることができる期限を示したもの

これとプラスアルファで重要なのがどちらも未開封の状態でということです。このことは忘れてしまいがちになってしまうので注意しておきましょう。また、季節によっても多少は左右されてしまうので気をつけたいところです。