豆知識・雑学

昭和の日はなくなる?みどりの日との違いや大正の日がないのはなぜ?

昭和の日はなくなる?みどりの日との違いや大正の日がないのはなぜ?
将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

4月29日は日本の国民の祝日の一つの昭和の日です。ゴールデンウィークに当たる昭和の日は連休を楽しむことができるので、とてもありがたいですよね。

そんな昭和の日ですが、元号の変更(改元)に伴い無くなるのではないかと噂されているのはご存知でしょうか。関連として昭和の日は元々、昭和天皇の誕生日のわけですが、明治の日や大正の日がカレンダーに無いのは気になりますよね。

ワン太郎
ワン太郎
確かに!あっても良さそうだよね。

この記事ではそんな昭和の日の気になる事柄についてまとめています。

  • そもそも昭和の日とは
  • 昭和の日とみどりの日の違い
  • 明治の日や大正の日がないのはなぜ?
  • 昭和の日はなくなる?

昭和の日とは

昭和の日とは

昭和の日は、昭和天皇の誕生日である4月29日であり、「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」という趣旨のもとに制定されました。

ワン太郎
ワン太郎
それだと、天皇誕生日ではないの?

元々、4月29日は天皇誕生日でしたが、1989年(昭和64年)の1月7日に昭和天皇が崩御され、昭和から平成へと改元、今上(きんじょう)天皇の誕生日である12月23日が天皇誕生日になりました。

  • 今上天皇とは:日本において在位中(現在)の天皇を示す呼称のことです。
  • おそらく今上天皇の誕生日が天皇誕生日になります。

昭和の日とみどりの日の違い

昭和の日とみどりの日の違い

次は昭和の日とみどりの日の違いについて見ていきます。実は昭和の日である4月29日は以前は「みどりの日」と呼ばれていました。しかし、カレンダーを見ても今では、昭和の日とみどりの日の両方がありますよね。

このことについて意外と知らないという方も多いと思います。



なぜこのようなことになったかと言いますと、上の段落の昭和の日の続きの話になります。昭和天皇が崩御され、昭和から平成へと改元、今上(きんじょう)天皇の誕生日である12月23日が天皇誕生日になったという話をしました。

この際に4月29日を天皇誕生日という名称が使えなくなってしまいました。一時はこの祝日を廃止するという案も出ましたが、国民の生活(ゴールデンウィーク)を考えて名称を改め、新たに「みどりの日」という名称で祝日に制定をしました。

ワン太郎
ワン太郎
なんで『みどり』なの?

名称の変更の際に「昭和天皇が自然をこよなく愛したことから、そういったものにちなんだ名称が良い」という意見が多かったため、「みどりの日」になりました。

「みどりの日」から「昭和の日」へ

「みどりの日」から「昭和の日」へ

そして現在では、昭和の日とみどりの日の両方がありますよね。

ワン太郎
ワン太郎
両方あるよね。

みどりの日が4月29日に制定されたその後、「昭和の時代を忘れない」という考えと祝日改正法により2007年(平成19年)にみどりの日は昭和の日と変更されました。余ってしまったみどりの日は、ゴールデンウイークの中で当時名称のなかった5月4日にみどりの日という名前を当てはめ、今日に至ります。

将軍
将軍
割と最近ですよね。

昭和の日があるのに明治の日や大正の日がないのはなぜ?

明治の日や大正の日がないのはなぜ?

昭和天皇の誕生日が現在では昭和の日となっているので、明治天皇の誕生日や大正天皇の誕生日の際に、明治の日や大正の日などがあっても良さそうですよね。

ワン太郎
ワン太郎
確かに、そうだね。

このことについては、誕生日となっている日とカレンダーの祝日になっている日を見てみると解決します。



明治天皇の誕生日は11月3日。11月3日のカレンダーを見ますとその日は「文化の日」になっています。明治の日ではないですが、名称を変えて今でも残っています。

元々11月3日は「天長節」という祝日でしたが(天皇誕生日でなはく)、明治天皇が崩御された後、「明治天皇の近代日本の礎を築いた功績を後の世に伝えたい」という運動のもとに「明治節「という祝日になりました。

その後、紆余曲折あり(GHQによる動き)「明治節」が廃止されて、また新たに名称が変更されて「自由と平和を愛し、文化をすすめる」を趣旨とした「文化の日」になりました。

ワン太郎
ワン太郎
それじゃあ、大正の日は?

大正天皇の誕生日は8月31日ですが、カレンダーを見ても国民の休日には定められていませんよね。在位中はもちろん「天長節」でしたが、崩御された後に明治天皇の時のような運動は起こらなかったためです。

運動が起こらなかったのは様々な理由があり、8月31日は猛暑のため式典をずらしていたり、大正時代が15年と短かったこと、すべての天皇の誕生日を国民の祝日に制定するには無理があるということなどが挙げられています。

昭和の日はなくなる?

昭和の日はなくなる?

毎日新聞では、天皇陛下が2019年4月30日に退位された後、当面は祝日としないで、平日にすることを政府が検討しているという記事を出していました。



こういった話が出ているので、もしかしたらなくなってしまうかもしれませんが、今のところ詳細は分かりません。ただ、現行の祝日法では、新たに追加された祝日と日付が変更された祝日などはあっても、廃止になった祝日はありません。

また、昭和の日はゴールデンウィークの中間の日にちなので、そういったことを考えますと『昭和の日』がなくなることはないのではないかと思います。

まとめ

これらのことについて見ていきました。

  • そもそも昭和の日とは
  • 昭和の日とみどりの日の違い
  • 明治の日や大正の日がないのはなぜ?
  • 昭和の日はなくなる?

1つの祝日の制定の裏には、様々な方の思いと理由がありました。しかし、天皇の誕生日の全てが祝日になっていたとしたらものすごいことになりそうですよね。(今上天皇は125代目です。)

昭和の日がどうなるのかについては分かりませんが、なくなってしまうのは寂しいので、日本の歴史を振り返るという意味でぜひそのまま残してほしいものですね。



こんな記事も書いています。合わせて読んでみてくださいね!

こどもの日・端午の節句にすることは?食べ物やこいのぼりの意味って? 5月5日は「こどもの日」や「端午の節句」としてお祝いされていますよね。これと対となっているのが3月3日の「ひなまつり」や「桃の節...
憲法記念日の意味や由来は?文化の日との違いってなんなの? ゴールデンウィークを構成している祝日の1つに「憲法記念日」があります。大型連休にどこへ行こうか、何をしようかとワクワクしますが、...
ゴールデンウィークの由来や祝日の内訳は?2019年はなぜ10連休なの? ゴールデンウィークは大型連休なので、どこへ行こうか・何をしようか、その計画を立てるのがとてもワクワクしますよね。 しかし、...