豆知識・雑学

祝日と祭日の違いは何?祝日と祭日の一覧・意味も解説!

将軍
将軍
こんにちは!将軍と言います!

突然ですが、祝日と祭日の違いってご存知でしょうか。

祝日と呼ぶ方もいれば、祭日と呼ぶ方もいますし、はたまた祝祭日と呼んでいる方もいますよね。呼び方が違うからには明確な意味の違いがありそうですが、全く同じ意味という可能性もあります。

この記事では、気になる祝日と祭日の違いについてまとめています。

祭日は法律上存在しない!

いきなり衝撃的な事実なのですが『祭日』は法律上存在しません。

国民の祝日に関する法律』が制定された1948年(昭和23年)以降からは祭日ではなく、『祝日』や『国民の祝日』と呼ぶのが正しいです。

現在祝日と呼ばれているいくつかの祝日は、戦前に祭日と呼ばれていた日を名称などを変えて祝日となっています。

  • 四方説→元日
  • 紀元節→建国記念の日
  • 春季皇霊祭→春分の日
  • 秋季皇霊祭→秋分の日
  • 明治節→文化の日
  • 新嘗祭→勤労感謝の日

現在、法律上では祭日はありませんが、祝日の事を祭日と呼んでしまうのも納得ですね。

次の段落で両者についてもう少し詳しく掘り下げて見ていきたいと思います。

祝日の意味とは

祝日の意味についてWikipediaではこのように記載がされていました。

祝日(しゅくじつ)とは、建国や独立などのその国の歴史的な出来事に由来したり、功績のあった人物を称えて制定された記念日で、宗教儀礼上の重要な祭祀を行う日である祭日とは異なるものである。
各国の法律において定められるものであるが、祝日と祭日を合わせ祝祭日として、国家の休日として制定される例も多い。

祝日 Wikipediaより引用

祝日として扱われているものは建国や独立などのその国の歴史的な出来事や、功績のあった人物を称えて制定される記念日のことです。1年間では16日の祝日があります。

  • 元日→1月1日
  • 成人の日→1月の第2月曜日
  • 建国記念の日→2月11日
  • 春分の日→3月19日から3月21日の間
  • 昭和の日→4月29日
  • 憲法記念日→5月3日
  • みどりの日→5月4日
  • こどもの日→5月5日
  • 海の日→7月の第3月曜日
  • 山の日→8月11日
  • 敬老の日→9月の第3月曜日
  • 秋分の日→9月22日から9月24日の間
  • 体育の日→10月の第2月曜日
  • 文化の日→11月3日
  • 勤労感謝の日→11月23日
  • 天皇誕生日→12月23日(注意:2019年はなし

また、祝日といっても他にも種類があり『振替休日』と『国民の休日』というものもあります。これらも同じように祝日と呼びます。

祝日 国が制定する記念日のこと。
振替休日 その祝日が日曜日や他の祝日と被った場合に、代わりに休みとなる日のこと。
国民の休日 1986年の法改正以降は、祝日と祝日に挟まれた平日を国民の休日として、休みにすること。

祭日の意味とは

祭日についてWikipediaではこのように記載されていました。

祭日(さいじつ)とは、宗教儀礼上重要な祭祀を行う日のこと。

祭日 Wikipediaより引用

祭日というのは、宗教的に大切な儀式を行う日・皇室を中心とする神道のお祭りのことです。

冒頭でも触れましたが、戦後の法律の改正により『祭日』という言葉は法律上なくなっています。しかし、その祭日の一部は名称を変更して、今でも祝日として残っています。

  • 四方節→元日
  • 紀元節→建国記念の日
  • 春季皇霊祭→春分の日
  • 天長節→昭和の日
  • 秋季皇霊祭→秋分の日
  • 明治節→文化の日
  • 新嘗祭→勤労感謝の日

上のものは名称を変更して今でも残っていますが、下のものは廃止となった祭日になります。ここではその祭日の意味は省きますが、気になった方は調べてみると良いかもしれません。

  • 元始祭→1月3日
  • 新年宴会→1月5日
  • 神武天皇祭→4月3日
  • 神嘗祭→10月17日
  • 大正天皇祭→12月25日

祭日と呼んでしまう要因は、祭日の一部は名称を変更して、今でも祝日として残っていること法改正前・戦前を過ごした方々がそのまま祭日を使用していることが挙げられますね。

よく考えますと、おじいちゃん・おばあちゃんの世代の方々、またはその年齢に近い方たちが『祭日』を使用していることが多いような気がしますね。指摘するのも良いですが、その時代を生きてきたのですから、そのままにしておくのも良いですね。

祝祭日の意味とは

祝祭日についてWikipediaではこのように記載がされていました。

祝祭日(しゅくさいじつ)は、日本において祝日と祭日のふたつを総称する言葉。
国家が休日とする法定休日(米:legal holiday、英:bank holiday)。建国や独立などの歴史的出来事に由来する祝日と慣習的に休日としていた宗教上の祭日を合わせて呼び表す語。

祝祭日 Wikipediaより引用

祝祭日は、祭日と祝日2つを総称するものです。

現在では『祝日』または『国民の祝日』と呼ぶので間違いということになりますが、たまに耳にしますよね。

法改正後には『祝日』と『祭日』でどっちを使うのか迷った際に両者をまとめて『祝祭日』と呼んでいました。こちらも納得の理由ですね。

まとめ

祝日と祭日の違いについて見ていきました。現在では祭日・祝祭日を使うのは間違いですが、間違って使ってしまうのも納得ですね。

〜祝日と祭日の違いまとめ〜
  • 祝日→建国や独立などのその国の歴史的な出来事や、功績のあった人物を称えて制定される記念日のこと。
  • 祭日→宗教的に大切な儀式を行う日・皇室を中心とする神道のお祭りのこと
  • 祝祭日→上記2つの総称のこと。
  • 現在では、祭日・祝祭日として呼ぶのは間違い。