スポーツ

テニスの点数のつけ方はなぜ『15→30→40』なの?0をラブと言うのもなぜ?

将軍
将軍
こんにちは!将軍と言います!

テニス試合やそれに関するニュースなどを見ていて最近思ったのですが、なぜテニスの点数のつけ方は『15→30→40』という独特なつけ方なのでしょうか。

ワン太郎
ワン太郎
確かに独特だよね。

普通に考えたら『1→2→3』となるはずなのですが、テニスの場合は『15→30→40』という点数のつけ方です。その『40』もよく分からなくて、そこは15ずつ増えていくから『45』ではないのかとツッコミを入れたくなってしまいますよね。

また、得点が『0』の場合は『ラブ(love)』と言います。こちらも同様に気になりますよね。



この記事では、そんなテニスの点数のつけ方の疑問についてまとめました。

テニスの得点の増え方と読み方

まずは、テニスの基本的な得点の増え方と、読み方について見ていきます。下の表のようになっています。

得点(テニス) 読み方
0
ラブ
15
フィフティーン
30
サーティー
40
フォーティー
40-40
デュース
A
アドバンテージ
G
ゲーム

上の表のように得点を組み合わせていき『15-0』であれば『フィフティーン・ラブ』、『30-40』であれば『サーティー・フォーティー』といった具合になります。

後はバレーボールなど他のスポーツと同じように、デュースが適用されており『A-40』『40-A』で片方がアドバンテージとなり、アドバンテージ側が得点を取ると『ゲーム』となり勝利になります。しかし、得点が取られてしまうと再びデュースになります。

  • ちなみに卓球やバドミントンでは、ルール上定義された用語として『デュース』という言葉は存在しないそうです。
  • デュース Wikipedia 参照

そして、このゲームで基本的に6ゲーム取ると、1セット獲得となり、3セットマッチの試合の場合は2セット取ると勝利となり、5セットマッチの試合の場合は3セット獲得で勝利になります。(『6-5』の場合は、もう1ゲーム行います。)



基本的にはこのようなルールになっており、これにタイブレークチャレンジシステムなどのルールがありますが、この記事では省略します。

テニスの0点に『ラブ』が使われるのはなぜ?

この『ラブ(love)』が使われる由来となったものにはいくつか説がありますので、全て紹介していきますね。ざっくりまとめますとこんな感じになっています。

  • 数字の『0』が卵の形に似ていることから、フランス語で卵という意味の『l’oeuf(レフ)』がイギリスに渡ったときに『ラブ』になったため
  • ラブ(love)には元々『nothing(何も…ない)』という意味があったため

一番有力とされているのが、前者のフランス語で卵という意味の『l’œuf(レフ)』だとされています。テニスの先駆けとされている『ジュドポーム』はフランスで生まれました。

このジュドポームがイギリスに伝わった際に『l’oeuf(レフ)』を『love(ラブ)』と言い間違えたのか、発音がしにくかったのかは分かりませんが、そのまま定着していきました。



もう1つの説が、ラブ(love)には元々愛情という意味以外に『nothing(何も…ない)』という意味があったからというものです。

ワン太郎
ワン太郎
そんな意味があったんだね。

得点が15ずつ増えるのはなぜ?

どうして得点が15ずつ増えるかについては、こちらに詳しく説明がされていました。こちらもいくつか説があるようです。

0ポイントをなぜ「ラブ」と呼ぶのか、と同じく「15」「30」「40」という点数の数え方の起源にも様々な説があり、「この説が確実に正しい!」とは言えないようです。代表的な説には、「時計の文字盤を4つに分けた」「14世紀頃、プレーヤー同士の賭けの際に使われていた1ドゥニエ銅貨が4枚で60スウという金額になるため、60スウの4分の1である15スウを1つの単位とした」「(ジュドポームを行っていた)修道院の生活時間が15分単位であった」というものがあります。

テニスの豆知識より引用

色々な説がありますが、一番有力なものが『時計の文字盤を4つに分けた』という説だとされています。

しかし、これだと『40』になる謎が解けていませんよね。次はそちらについて見ていきましょう。

15→30→『40』となるのはなぜ?

上の説だと、『40』になるのにはまだ疑問が残りますよね。しかし、この疑問は単純なもので、ただ単に長かったから・聞き取りづらかったからというものが有力な説です。

自分が審判になって考えてみると分かりやすいと思います。もし、40ではなく45であった場合は『フォーティーファイブ』と言いますよね。『45-30』の場合は『フォーティーファイブ・サーティー』ととても長いです。

発音も長く、聞き取りづらいため『フォーティーファイブ』を『フォーティー』に省略したということになります。

ワン太郎
ワン太郎
スマートフォンを『スマホ』と言うようなものだね。

まとめ

テニスの点数のつけ方の疑問について見ていきました。

テニスだけでなく、他のスポーツの得点なども『どうしてこの点数で勝利なんだろう?』と次々と疑問が出てきますね。

ぜひ、友人や家族に『これこれこう言う理由があるんだ』と話されてみてください。