豆知識・雑学

2019年の父の日はいつ?意味や起源・由来について解説!

将軍
将軍
こんにちは!将軍と言います!

毎年毎年当たり前のように祝っている「父の日」ですが、その日の周辺くらいになると「父の日っていつだっけ?」となることはないでしょうか。

それもそのはずで、父の日は毎年毎年日付が変わっているため多少覚えづらくなっています。

気になる父の日の日付は6月の第3日曜日なのですが、そもそもなぜ父の日は6月第3日曜日なのか、そこにはどんな起源・由来があるのか気になると思います。

この記事では、そんな父の日の疑問についてまとめています。

2019年の母の日はいつ?意味や起源・由来について解説! 5月と言えばゴールデンウィークという大きなイベントもありますが、母の日という日頃お世話になっている母へ感謝を表す・伝える日もあり...

2019年の父の日はいつ?

2019年の父の日は、6月16日(日曜日)です。

父の日は毎年毎年日付が変わりますので、少し覚えづらいですが6月の第3日曜日と覚えておきましょう。

  • 父の日は、6月の第3日曜日!

父の日は、日本だけではなく海外でも同様に行われており、日本と同じように6月の第3日曜日が父の日なのは、アメリカ・中国・イギリス・カナダ・フランスなどがあります。ちなみに父の日だけでなく母の日も同じようにあります。

また、中には1月に父の日を行うセルビアや、12月に行うブルガリアなど、その国によって全く違う日付になっています。その中でもとりわけ6月の第3日曜日が父の日である国が一番多いようです。

父の日の意味って?

父の日は、日頃お世話になっている父へ感謝を表す・伝える日です。

感謝を表すという意味で、母の日ではカーネーションを贈ることが一般的ですが、父の日にはあまりイメージがないとは思いますが「バラ」を贈ります。なぜバラなのかと言いますと、それに関しては父の日の起源・由来に関係しており、それに関しては後ほど触れていきますね。

父の日のバラも、母の日のカーネーションと同様に、父親が健在の場合は赤いバラ(カーネーション)を贈り、父親が鬼籍に入っている場合は白いバラ(カーネーション)を贈るということになっています。

現在では、ネクタイや財布、時計などが一般的ですが、たまにはバラを贈ってみるも良いと思います。ただ、その際には色選びには注意するようにしましょう。

父の日の起源・由来

続いて、父の日の由来や起源について見ていきましょう。

父の日という習慣はアメリカの『ソノラ・スマート・ドット』という女性が、男手一つで育ててくれた父の誕生日である6月に、教会の牧師に頼んで礼拝をしたことがきっかけとされています。

その当時は南北戦争の最中、ソノラ・スマート・ドットさんの父親であるウィリアムさんは戦争に召集されて、その間は母親一人で6人の子供を育てることになりました。

その後父親が戦争から戻るのですが、母親は過労のため亡くなってしまいます。ウィリアムさんは男手一つで6人子供達を育てていくのですが、子供たちが成人を迎えるとその直後に亡くなってしまいます。



「母の日」が世間に広まりだした頃に、ソノラ・スマート・ドットさんは「母の日があるなら父の日があってもいいのではないか。」と考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まったとされています。

父の日の広がり

父の日は、最初の頃は人々に認知されることはありませんでしたが、1916年、アメリカ合衆国第28代大統「ウッドロー・ウィルソン」が父の日の演説を行い、これによって父の日が多くの方に認知されるようになりました。

その後1966年、アメリカ合衆国第36代大統領「リンドン・ジョンソン」は、正式に6月の第3日曜日を父の日に定め、アメリカでは正式に国の記念日になりました。

父の日はなぜ「バラ」?

母の日はカーネーションですが、父の日はなぜ「バラ」なのか気になりますよね。

バラを贈るのは、ソノラ・スマート・ドッドさんが、父の日に墓前に白いバラを供えたからとされています。父親が健在の場合は赤いバラを贈り、父親が鬼籍に入っている場合は白いバラを贈るのが一般的ですので、色には注意してくださいね。

まとめ

父の日付け、その由来や起源について見ていきました。

母の日もそうですが、1人の父母への思いが現在の「父の日・母の日」を作ったというのは驚きですよね。

皆さんも父の日には日頃お世話になっている父に、感謝の気持ちを伝えてみてくださいね。

〜母の日まとめ〜
  • 母の日は、6月の第3日曜日!
  • ソノラ・スマート・ドットさんは「母の日があるなら父の日があってもいいのではないか。」と考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願したのがきっかけ
  • 世間への広がりには、アメリカの大統領が一役買っている