健康

トイレの「尿はね・飛び散り」防止対策!おすすめアイテムは?

将軍
将軍
こんにちは!将軍です!

トイレを使用する際に「尿はね」って気になりますよね。自分が入った後に、家族が入って、尿はねを指摘されたという方もいると思います。

尿はねは、男性の方に多いようなイメージですが、実は女性の方も多いらしいです。

この記事では以下のものについて見ていきたいと思います。

  • 尿はねは、どのポイントが一番ひどいのか
  • 座った際の尿はね
  • 尿はねの影響について
  • 尿はねしているか確認するポイント
  • 尿はねを抑える方法

トイレの尿はねは、どのポイントが一番ひどいのか

最初に、男性の方の立って用を足す際の尿はねはどのような感じになっているか見ていきましょう!

どこにめがけてするかによっても、尿はねの具合が変わっていきます。皆さんは下の資料のどちらに当てはまるでしょうか。



こちらの資料は、株式会社LIONでの検証実験で、男性が立って用を足す際に、どこにめがけてするかによっての、はね具合を表したものです。ご覧の通り、「奥狙い」が圧倒的に多く7550滴もはねています。

ワン太郎
ワン太郎
こんなにも差があるんだね!
将軍
将軍
まとめてみるよ!
  • 奥狙い→7550滴圧倒的!!!
  • 中央狙い→372滴
  • サイド狙い→293滴
  • 手前狙い→277滴

この結果によると、立って用を足す際は手前側を狙ってした方がいいですね。奥を狙ってするのは控えるようにしましょう。掃除が大変ですからね!

トイレでの座った際の尿はね

次は、座った際の尿はねについて見ていきましょう!座ったら、尿はねはしないと思われがちですが、しっかりと尿はねは起こっています。



同じくこちらも株式会社LIONによる実験になります。座ってする場合は、壁や床への尿はねは抑えられますが、今度は便座の裏に飛び散ってしまいます。

男性の場合、座った方が尿はねを比較的抑えることができますが、それでも多少の影響はあります。そして、男性だけでなく女性の方もひとごとではなく、男性よりも300も多い実験結果となっています。

ワン太郎
ワン太郎
座ればいいってわけではないんだね

便座の裏に飛び散っても、上にあげなければ尿はねには気づかないので、頑固な汚れになってしまう場合もあります。対策として便器の裏にトイレットペーパーを敷くなども良いと思います。

トイレの尿はねの影響について

次は尿はねの影響について見ていきます。

尿はねは、その汚れだけでなく、菌によって分解されて嫌な臭いに変わってしまいます。例であげますと公園などのトイレがその臭いになります。利用した方は分かると思いますが、結構きついですよね。

なので、尿はねをしないように対策をするか、尿はねをしてもしっかりと拭いておけば、臭いや汚れを抑えることができます。



また、こちらは尿はねには関係しませんが、フタを開けたまま水を流してしまうと、その水流によって尿や排泄物などに含まれる菌がトイレ中にバラまかれてしまうそうです。これらが空気中にばら撒かれると(ノロウイルスなど)二次感染などの被害を引き起こす可能性があります。

ワン太郎
ワン太郎
流すときは蓋を閉める_φ( ̄ー ̄ )メモ

尿はねしているか確認するポイント

尿はねをするポイントを押さえておきましょう!尿はねをするポイントは以下のものになります。

  • 便器周辺の床
  • トイレの壁
  • 便器のふち
  • 便座の裏側

立って用を足すという方は、上3つの便器周辺の床・トイレの壁・便器のふちを重点的に確認をするようにしましょう。また、座ってするという方、便器の裏側を確認しましょう。

確認をして掃除をする場合は、乾拭きや、ただの水拭きではなくトイレクイックルなどを使って、菌が増殖しないようにしましょう。ただの水拭きだけだと乾拭きよりも増殖してしまうので注意です。

尿はねを抑える方法①

男性の場合は、やはり座って用を足すのがベストだと思います。便器の裏には尿ははねてしまいますが、逆に言えば、便器の裏にしかほとんど飛ばないので掃除も簡単になります。

『いや!俺は立って用を足したいんだ!』という方は、上でも紹介しました『手前側を狙って』尿はねを軽減しましょう。

尿はねを抑える方法②

とは言っても、尿はねは起こってしまいます。その辺りは尿はね防止アイテムを駆使して対策をしていきましょう!



こちらは便器のふちに貼ることによって、尿はねを抑えることができるアイテムです。特に気になるところには、このパットを複数枚貼ると効果的です。しかし、トイレには流せませんので注意してください。



こちらは、尿はねからトイレの壁を守る半透明のシートです。半透明なので壁への違和感もありませんし、取り付けるのも簡単です。これで尿はねからガードしましょう!



こちらは、トイレの床に設置する吸着トイレマットです。床にはねる尿をこれでガードします。また、これ自体が拭きやすい作りになっており、アンモニアの消臭効果もあります。頼もしいアイテムです!

トイレの「尿はね・飛び散り」防止対策まとめ

尿はねについて見ていきました。男性の場合は、座って用を足すことによってかなり軽減することができます。また、女性の場合も上でのアイテムで対策をすることができますので、ぜひ試してみてください。

尿はねが起こりやすい箇所は以下のところなので、その辺りに対策を施していきましょう!

  • 便器周辺の床
  • トイレの壁
  • 便器のふち
  • 便座の裏側