食べ物

チョコレートは常温保存・冷蔵保存?チョコレートの保存方法まとめ

将軍
将軍
こんにちは!将軍と言います!

チョコレートって本当に美味しいですよね。

チョコレートは美味しいだけでなく、健康効果も高いことととして有名ですが、それと同時に食べ過ぎてしまうと、糖質や脂質の摂りすぎになってしまうので、注意したいところです。

そんなチョコレートですが、皆さんはどのように保存しているでしょうか。意外と知られていないことなのですが、なんとチョコレートは常保保存が適しているんです!

この記事では、チョコレートの保存方法やその注意点についてまとめています。

チョコレートは常温保存が基本!

私はいつもチョコレートを保存する際は、冷蔵庫に入れていたのですが、チョコレートを美味しくいただくためには、冷蔵庫に入れて保存をするよりも常温保存が適しています。

明治では、お客様においしいチョコレートをお召し上がりいただくために、工場での徹底した温度管理はもちろんのこと、工場出荷後の倉庫やトラックの保管温度にも配慮し製品管理を行っております。

チョコレートは、高温、多湿の場所は避け、28℃以下の涼しいところで保管をお願いします。

冷蔵庫で保管する場合は、他の食品のにおい移りを防ぐために密封できる袋に入れて野菜室で、お召し上がりになる際は、チョコレートへの結露を防ぐために召し上がる分だけを取り出していただけますようお願いします。
また、室温に戻していただけると、チョコレート本来の風味が感じられてお勧めです。

なお、いずれの場合でも、開封後は賞味期限に関わらずお早めにお召し上がりください。

meiji チョコレートの保存方法より引用

冷蔵庫に入れて保管をするとチョコレートの品質が落ちてしまい、味が損なわれてしまいます。

チョコレートの保管に適している温度は約15~22度と言われており、冷蔵庫の中で保存をしますと場所にもよりますが、10度以下になってしまいます。

気温が15~22度をはるかに過ぎてしまう夏場などは、28度を超えてしまうとチョコレートは溶け始めてしまうので、冷蔵庫でも野菜室に入れて保管をするようにしましょう。野菜室は他に比べて温度が少し高く設定がされているため、夏場などは保管に最適な場所になっています。

冷蔵庫に入れておくと白っぽくなる

冷蔵庫にチョコレートを入れておくと、チョコレートが白っぽく粉を吹いた状態になることがあります。これを『ブルーム現象』と言います。

このブルーム現象は劣化現象の1つで、カビのようにも見えますが、チョコレートの品質が変化した状態を表しています。

食べるのには何にも問題はありませんが、風味がなくなったり、味が悪くなったり、食感もボソボソといった感じになっています。



保存をしているチョコレートがこのブルーム現象になりかけていたら、劣化していきている証拠なので、早めに食べるようにしましょう。

常温保存する際のポイント

冷蔵庫に入れて保管をするとブルーム現象などでチョコレートが劣化してしまうことが分かりました。続いて常温保管をする際のポイントを紹介していきますね。

  • 開封後は袋などに入れて保管する!
  • 直射日光を避け、高温の場所には置かない!

当たり前のことですが常温保存でも、直射日光を避け、高温の場所には置かないようにしましょう。一番良いのは冷暗所に置くのがベストです!



また、チョコレートは香りが強いため、その香りにつられて虫がよってきます。隙間などがあると容赦無く入ってくるので注意です!

チョコレートがアルミ箔に包まれていることが多いですが、その理由は虫対策のためでもあります。袋に入れない場合は、チョコレートを包んでいるアルミ箔を全て剥がして捨てずに、チョコレートをしっかりと包んでおきましょう。

冷蔵保存をする場合もある!

夏場などは28度を超えてしまうとチョコレートは溶け始めてしまうので、冷蔵保存をするのですが、それに加えてチョコレートの種類によっても冷蔵か常温保存かが変わっていきます。

  • 手作りチョコ
  • ガナッシュチョコレート
  • 生チョコレート

生クリームが多く含まれているチョコレート製品、上記のガナッシュチョコレートや生チョコレートなどは傷みやすいため、保存はせずにすぐに食べた方が良いとは思いますが、保存をされる場合は常温ではなく、冷蔵保存をしましょう。

また、手作りチョコはやはり個人が作るため、衛生面に不安が残るため常温保存は危険です。消費期限も曖昧なので難しいのですが、早めに食べるようにしましょう。

まとめ

チョコレートの保存方法に関しましては、基本は常温で保存、種類によって冷蔵をするというかたちです。

美味しくいただくためにも是非とも覚えておきたいですね。

〜チョコレート保存方法まとめ〜
  • チョコレートは気温が15~22度の常温保存が基本!
  • 高温・多湿・虫には要注意!
  • 夏場・手作りチョコ・ガナッシュチョコレート、生チョコレートなどの生クリームが多く含まれている場合は冷蔵保存!