WordPress

ワードプレスにツイッターのフォローボタンを載せる方法を解説!

将軍
将軍
皆さんこんにちは!将軍です!

ツイッターとブログを連携させることによって、拡散や集客を促進させる事が出来ます。

この記事の前にツイッターのタイムラインを載せる方法を解説しましたが、この機会にツイッターのフォローボタンに関しても解説したいと思います。

ツイッターのタイムラインを載せる方法とほぼ同じなので、こちらの記事も参考になると思います。

ワードプレスにツイッターのタイムラインを載せる方法を解説! ブログとtwitterを連携させることによって集客や拡散をより促すことによってアクセスアップにつなげる事が出来ます。 最近...

ツイッターから作成する

ユーザー名をコピー

まずはブログに表示させたいユーザー名をコピーします。ユーザー名というのは@○○○という部分です。私のtwitterのユーザー名で言いますと『@syougunman』になります。

自分のツイッターのフォローボタンだけでなく、例えば何かの会社の公式アカウントなども表示させることができます。

埋め込みコードを取得

次は、埋め込みコードというのものを取得する作業です。埋め込みコードというのはブログに表示させるためのコードのことです。

コードを取得するために『twitter Publish』というものにアクセスをします。下のボタンから飛ぶ事が出来ますのでクリックをして下さい。

✔️下のボタンからアクセスできます

twitter Publishにアクセス



ページに飛んだ後に、先ほどコピーしたユーザー名(@○○○)を貼り付けて下さい。貼り付けた後は、画面上のenterで完了させます。



そのまま進むとこの画面になります。この画面では、ツイッターの埋め込みタイプを『タイムライン』か『ボタン』で表示させるかを選択する事が出来ます。

今回はフォローボタンを表示させたいので、右側の『Twitter Buttons』をクリックして下さい。



選択をしたら3つのフォローボタンのタイプから選択する画面に入ります。

参考までに3つのフォローボタンのタイプを並べてみました。このフォローボタンは多少はカスタマイズをすることができるのですが、下のボタンはデフォルトのものです。

次の段落でぞれぞれのフォローボタンのカスタマイズについて解説していきますね。

左側のフォローボタン
真ん中のフォローボタン
右側のフォローボタン

左側のフォローボタン

左側のフォローボタンを選択しますと、すぐにカスタマイズをする画面に入ります。

下の画面にプレビューがあるので、それを確認をしながらカスタマイズをすると分かりやすいです。

Hide Username チェックを入れますとユーザーネームを非表示にできます。
Large Button チェックを入れますとフォローボタンが大きくなります。
言語設定 言語設定です。Automaticを選択しますと、自動で見ている人の環境に合わせてその言語で表示されます。
Opt-out of tailoring Twitter ツイッターホーム画面の「オススメユーザー」欄に自分が表示されるかの設定です。
カスタマイズなし
カスタマイズあり

真ん中・右側のフォローボタン

真ん中または右側のフォローボタンを選択し、カスタマイズをしたい場合は『set customization options』をクリックします。

こちらも下の画面にプレビューがあるので、それを確認をしながらカスタマイズをすると分かりやすいです。

Tweet text ツイートされる文章を入力します。
Do you want to recommend accounts ツイートした人に表示するおすすめユーザーのユーザー名を入力します。
Large Button チェックを入れますとフォローボタンが大きくなります。
言語設定 言語設定です。Automaticを選択しますと、自動で見ている人の環境に合わせてその言語で表示されます。
Opt-out of tailoring Twitter ツイッターホーム画面の「オススメユーザー」欄に自分が表示されるかの設定です。

埋め込みコードを取得(続き)

それぞれ設定やカスタマイズが終わりましたら『Update』をクリックして、続きまして『Copy Code』をクリックします。



コピーが完了するとこのような画面になりますので、ここでの作業は終了になります。



あとは、先ほどコピーした埋め込みコードを使ってサイドバーやフッター、記事内に表示させます。

まとめ

他の方のサイトやブログを拝見しますと、ツイッターのボタンとプロフィールをサイドバーに一緒に設置している方が多い印象です。

やり方自体はとても簡単なので、ツイッターのアカウントをお持ちの方はぜひ試してみてください。

私も全く呟いていませんがツイッターをやっていますのでフォローよろしくお願いします。→