言葉

『ずつ』と『づつ』はどっちが正しい?使い分けや違いについて解説!

将軍
将軍
こんにちは!将軍と言います!

メールや手紙などで文字を入力・記載する際に『ずつ』と『づつ』の使い分けについて迷ったことがないでしょうか。

私用の場合、友人や親しい方に送るものであればそんなに気にすることもないのですが、仕事のメールや会社での資料や広告の作成などの際には「どっちを使うんだっけ?」となってしまいますよね。

この記事では、『ずつ』と『づつ』の正しい使い方や、使い分け・違いについて解説をしています。

『ずつ』と『づつ』の意味

『ずつ』と『づつ』の意味に違いはなく、両者とも「少しずつ」や「少しづつ」などの均等を表す際に使用されます。

意味が同じなので、どっちを使ってもいいんじゃないのと思いますよね。実はその考え方は正しくて『ずつ』と『づつ』どちらを使っても正しい使い方になっています。

それだと違いは何なのかと言いますと、現代仮名遣いか歴史的仮名遣いかの違いになります。

『ずつ』と『づつ』の違い

『ずつ』と『づつ』の違いは、現代仮名遣いか歴史的仮名遣いかというところにあります。

今日」という言葉があった時、現代仮名遣いは「きょう」、歴史的仮名遣いは「けふ」と表記します。学生の時に歴史的仮名遣いに関しては古文などの時間に習ったことと思います。

  • 現代仮名遣い→『ずつ』
  • 歴史的仮名遣い→『づつ』

この歴史的仮名遣いは、平安時代ごろの言い回しをもとにして、終戦直後まで使用されていました。

しかし、様々な理由から1946年(昭和21年)に当時の文部省が改革を行い、文字と音が一致していない歴史的仮名遣いから、文字と音が一致している現代仮名遣いが使用されるようになり、『づつ』から『ずつ』という表記に統一されました。

この時は『づつ』を使用することは誤用ということになっていました。

基本的には『ずつ』を使用する

1946年(昭和21年)に当時の文部省が改革を行い『づつ』から『ずつ』という表記に統一されましたが、その40年後の1986年(昭和61年)にそれまでの決まりが緩和されて、『づつ』を使用してもOKということになりました。

現代仮名遣いに統一して『づつ』などの歴史的仮名遣いを誤用としてしまうと、旧仮名遣いを使用している方や、過去の文学作品を否定するという考え方につながってしまうためです。

なので、基本的には『ずつ』だけど『づつ』も間違いではないということになりました。

  • 1946年(昭和21年)以前→『づつ』
  • 1946年(昭和21年)以降→『ずつ』
  • 1986年(昭和61年)以降→『ずつ』『づつ』

まとめ

『ずつ』と『づつ』の意味には違いはありませんでしたが、その違いには、現代仮名遣いか歴史的仮名遣いかというところにありました。

歴史的仮名遣いは、平安時代ごろの言い回しをもとにして、終戦直後まで使用されていましたが、1946年(昭和21年)に文部省が改革を行い現代仮名遣いを使用することが推奨されてきましたが、1986年(昭和61年)に緩和、『ずつ』も『づつ』も使われるようになりました。

『ずつ』『づつ』も間違いではないのですが、仕事のメールや会社での資料や広告の作成などの際には、基本的には推奨されている『ずつ』を使用していきましょう。