豆知識・雑学

じゃんけんの必勝法は?じゃんけんの勝率を上げるコツを紹介!

将軍
将軍
こんにちは!将軍と言います!

じゃんけんは、特に準備をするものもなく、ルールも単純明快なの拳遊びの1つです。日本に住んでいる方であれば誰しもがやったことがあると思います。

何かの決め事であったり、くじ引きの順番を決めるものであったり、その役割は多岐に渡ります。勝敗の行方も「勝ち」「負け」「あいこ(引き分け)」の3通りがありますが、その勝敗も運が作用して、平等に決めるという観点でも最適な手段と言えます。



しかし、そんなじゃんけんでも負けられない瞬間というときがあるはずです!プレゼントがかかっていたり、委員を決めるものであったり…

この記事では、生きていく中で切っても切れない関係の「じゃんけん」の勝率を少しでも上げるコツを紹介します。ぜひ活用してみてくださいね!

じゃんけんの発祥や起源って?「最初はグー」というのはなぜ? 何かの決め事の際に、「じゃんけん」ってしますよね。日本人の方であれば多くの方が知っているであろうこの遊戯は、特に何も準備をする必...

じゃんけんの必勝法はない!

当たり前と言えば当たり前なのですが、じゃんけんに必勝法はありません。

じゃんけんをするのは私たち人間であり、人間であるからにはそこにが存在します。じゃんけんをする全員の癖などをすべて理解していれば、それは必勝法にはなると思いますが、そんなことは無理ですし、必ずしも1対1とも限りませんしね。

しかし、勝率を上げるコツ、ほとんどの方が当てはまってしまうであろう癖というものがあります。そこを利用してじゃんけんで勝ちにいきましょう!

単純に勝ちたいときはパーを出すべし

じゃんけんは3種類の手から繰り出され、その確率はどれしもが3分の1である33.3%ですが、実際にはこの繰り出し方にはばらつきがあると言われています。

桜美林大学の芳沢光雄教授が行った「じゃんけんに関する研究」では、大学生725人を対象にのべ11567回のじゃんけんをしてもらい、どの手が一番出されやすいのかという実験を行ったそうです。

その結果は以下のようになったそうです。

  • グーを出す確率:35.0%
  • チョキを出す確率:33.3%
  • パーを出す確率:31.7%

グーが1番多く、続いてチョキ、最後にパーといった結果になりました。



また、人間は緊張すればするほど、グーを出す確率が高いと言われており、一時期話題になりましたAKB48グループの選抜メンバーを決める催しである「じゃんけん大会」のデータを見ると如実に表れています。

最初に「グー」が出された割合は以下のようになっています。

  • 1回戦→29%
  • 2回戦→31%
  • 3回戦→44%
  • 準々決勝〜決勝→79%

決勝へ上がるにつれて、その割合が高まっていき、どれだけ緊張をしているのかが伝わってきますね。

勝つ確率を高めるために、基本的には最初に「パー」を出して勝負をしてみてください。その場が静まっていたり注目を受けている場であれば、相手が「グー」を出す確率が高く「パー」を出すことによって勝つ確率が高まります。

これは複数人で行う場合も当てはまるので、迷ったら「パー」を出すようにしましょう。

あいこになったら次は負ける手を出すべし

人はあいこになると無意識のうちにその手とは違うものを出す傾向にあります。下の通りですね。

  • グーの場合→「チョキ」または「パー」
  • チョキの場合→「グー」または「パー」
  • パーの場合→「グー」または「チョキ」

同じ手を出さない確率が高いのであれば、次の勝負では前に出したものに負ける手を繰り出せば、負ける確率がグンと減ることになります。

最初に「グー」で引き分けた場合、相手は次の手を「チョキ」または「パー」を出す確率が高いです。その際に「チョキ」を出しておけば「勝つ」もしくは「あいこ」の2種類の結果なので、負けない確率が高まります。

チョキであいこの場合は次はチョキを出すべし

先ほどは、「あいこになったら次は負ける手を出すべし」と書きましたが、チョキであいこになった場合は、次の手もチョキを出した方が勝率が高いと言われています。

これは、チョキの手の形からグーの手の形にし辛いということから言われています。チョキであいこになった際に、すぐさま「あいこでしょ!」と掛け声をかければ、相手が「チョキ」または「パー」を出す確率がさらに高まり、勝つ確率も上がります。

一旦、間があいた場合は前述の通り、あいこになった際の負ける手を繰り出してみてください。

勝負前に出す手を宣言し、そのまま出す

友達などでたまにやる方がいると思いますが

将軍
将軍
次「チョキ」出すから!(そのまま「チョキ」を出そう!)
ワン太郎
ワン太郎
えっ!(そのまま「チョキ」を出すわけないよなぁ。)

という心理戦を持ちかけてくるやつですね。勝負に勝つためにはかなり良い手だと思います。

というのも、心理戦を持ちかけられた相手は「そのままその手を出すわけがない」と無意識のうちに考え込んでしまうようです。

つまり、自分が宣言をすることによって、相手が勝手に深読みをして勝つ確率が上がるというわけです。宣言した手をそのまま出して、相手をびっくりさせてやりましょう。

じゃんけんの発祥や起源って?「最初はグー」というのはなぜ? 何かの決め事の際に、「じゃんけん」ってしますよね。日本人の方であれば多くの方が知っているであろうこの遊戯は、特に何も準備をする必...

じゃんけんで勝った場合、次もその手を出す確率が高い!

こちらは、3回、5回勝負など複数回のじゃんけんをする場合に有効な手で、「じゃんけんで勝った場合、次もその手を出す確率が高い!」というものです。

例えばじゃんけんで自分が相手の「グー」に負けたとすると、相手は次の勝負の時もそのまま「グー」を出す確率が高いというものです。過去の成功体験などから、再び同じ手で勝とうとする心理状態のようです。

なので、その手に勝つように上の例で言うならば、「パー」を出してみましょう。

じゃんけんで負けた場合、次はそれに勝つ手を出す確率が高い!

こちらも3回、5回勝負など複数回のじゃんけんをする場合に有効な手で、「じゃんけんで負けた場合、負けた手を出す確率が高い!」というものです。

例えばじゃんけんで自分が「グー」で相手に勝った場合は、相手はその「グー」を出す確率が高いです。先ほどの「じゃんけんで勝った場合、次もその手を出す確率が高い!」のが逆の発想のような感じですね。

じゃんけんに勝つコツまとめ

こちらにじゃんけんに勝つコツをまとめておきました。

~じゃんけんに勝つコツ~
  • 単純に勝ちたいときはパーを出すべし
  • あいこになったら次は負ける手を出すべし
  • チョキであいこの場合は次はチョキを出すべし
  • 勝負前に出す手を宣言し、そのまま出す
  • じゃんけんで勝った場合、次もその手を出す確率が高い!
  • じゃんけんで負けた場合、次はそれに勝つ手を出す確率が高い!

じゃんけんに勝つコツを紹介していきましたが、これらをすべて覚えて実戦で使うのはかなり難しいと思います。少しづつ覚えて、体に染み込ませていきましょう。

じゃんけんの発祥や起源って?「最初はグー」というのはなぜ? 何かの決め事の際に、「じゃんけん」ってしますよね。日本人の方であれば多くの方が知っているであろうこの遊戯は、特に何も準備をする必...