言葉

十分と充分の違いや使い分けは?迷った際は『十分』を使おう!

将軍
将軍
こんにちは!将軍と言います!

『じゅうぶん』という言葉を使用するときに『十分』と『充分』で迷うことがないでしょうか。この2種類の言葉の存在は知っていても、細かな違いというのはよく分からないという方が多いと思います。

ワン太郎
ワン太郎
確かに、厳密な違いはわからないなぁ〜

言葉で伝える分にはまだ良いのですが、文章で書くとなるとこれらの違いについて理解していないと、間違って使用してしまうかもしれません。

この記事では『十分』と『充分』の使い分けや意味についてまとめてみました。

『じゅうぶん』の意味

『十分』と『充分』は漢字こそ違いますが、両者とも物事が満ち足りて不足のない様子という意味があります。

元々は、『十分』という漢字のみが使われていましたが、後に『充分』という漢字でも表されるようになり、それに伴って使い分けもされるようになりました。

意味は同じですが、使い分けができる場合は使い分けて、判断ができない場合は『十分』または『仮名書き』の方で対応するようにしましょう。その辺りは後ほど解説していきますね。

十分について

『十分』は、だんだんと数が増えていって、数量的または物理的に満足した際に使われます。他にも、客観的に見て『じゅうぶん』だと判断をした場合も同様にこちらの『十分』が使われます。

  • 数量的または物理的に満足した場合は『十分』
  • 同様に客観的に判断した場合も『十分』

数量的または物理的の分かりやすい慣用句で『腹八分目』や『十二分』といった表現があります。腹八分目は、少しだけ余裕を残している様子、十二分は、自分の容量を超えてしまうくらいといった意味があります。

判断に迷った際にはこれらの慣用句を覚えておくと便利です。

充分について

一方でこちらの『充分』は、精神的または感覚的に満足であるとき、その感覚や感情を表したい際に使われます。『十分』は客観的でしたが、こちらの『充分』は『主観的』に見て自分でしかその物事を判断できない場合にも使われます。

  • 精神的または感覚的に満足した場合は『充分』
  • 同様に主観的にしか判断できない場合も『充分』

判断に迷ってしまった際は、充分の『充』がつく言葉を思い出すと判断がつきやすいのではないかと思います。

  • 充実
  • 充足

充実は満ち足りていて豊かなこと、充足は何かを満たすことなど、精神的または感覚的に満たされているような意味で使われるので、判断ができるのではないかと思います。

十分と充分で迷ってしまった場合は

『十分』と『充分』を使用する際にどちらか判断できる場合は良いのですが、判断がつきにくい場合もあります。

そのような場合は十分を使うようにしましょう。なぜかと言いますと、『十分』が元の漢字であり、文化庁も字画が少ない『十』の方を小学校で習う教育漢字のひとつ推奨しているからです。

「十分」と「充分」――いずれも普通に行なわれている。憲法では「充分」を使っている。本来は「十分」であって,「充分」はあて字である。また,「十」のほうが字画も少なく,教育漢字でもあり,「充」はそうでないことなどからも,漢字を使うとしたら「十分」を採るべきであろう。しかしながら,最近では,この語はかな書きにする傾向がある。
 公用文や「文部省刊行物表記の基準」などでは,かな書きを採り,「十分」と書くことを許容している。

語形の「ゆれ」の問題 漢字表記の「ゆれ」について(報告)3より引用

基本的にはこちらの『十分』を使用して、判断は難しいですがその内容によってこちらの『充分』を使用していきましょう。

まとめ

十分と充分の使い分けについてまとめてみます。

〜十分と充分の使い分け〜
  • 数量的または物理的に満足した際・客観的に見た際→『十分』
  • 精神的または感覚的に満足した際・主観的に見て自分でしか判断できない場合→『充分』
  • 判断がつかない場合は『十分』を使用する

判断する際にはこの記事で挙げました『腹八分目・十二分/充分・充足』といった慣用句などを思い浮かべてみてください。それでも判断がつかない場合は、『十分』を使用するようにしましょう。